グラブルVS

『グラブルVS』明日6月3日に3種の新バトルシステム(ラッシュ、Bシフト、オーバードライブ)が実装!どう見てもスト5のVシフトです、本当にありがとうございました。

投稿日:

港で人気の2D対戦格闘ゲーム『グランブルーファンタジー ヴァーサス(グラブルVS)』ですが、明日6月3日のアップデートで新バトルシステムが追加されます。

追加されるバトルシステムはタクティカルムーブ(ラッシュ)、タクティカルムーブ(バックシフト)、オーバードライブの3種類。

これら新バトルシステムの実装によって、大きく対戦環境は変わりそうです。

内容を少し解説していきます。

スポンサーリンク

新バトルシステム紹介

タクティカルムーブ(ラッシュ)


・奥義ゲージを50%消費し、ダッシュで近寄り攻撃を仕掛ける
・相手との距離が遠い場合は攻撃せず一定距離ダッシュする
ダッシュ中は無敵状態になる
飛び道具に対しては効果がなく、発生直後は無敵ではない
・通常攻撃から繋ぐことも可能

タクティカルムーブ(バックシフト)


・奥義ゲージを50%消費し、バックステップする回避アクション
発生直後から無敵になる
・バックシフトは長押しでも発動できるため、起き上がりに最速発動することが可能

オーバードライブ


・1ラウンド中に1回のみ使用できる自己強化アクション
・奥義ゲージが100%になると画面上のアイコンが点灯し、使用可能になります
発動時には無敵があり、緊急回避としても使える
・発動中は奥義ゲージが“ODゲージ”に変化

OD中は以下の効果が追加されます。

攻撃力アップ
・通常攻撃に削りダメージ追加
・削りダメージ無効
・オーバーヘッドアタックの発生速度強化
・アビリティ入力時、テクニカル入力と同等の性能になる
ODゲージは時間経過で減少していく
ダメージを受けるたびODゲージが1/3減少する

まとめ

以上、簡単ですがグラブルVSの新バトルシステム紹介です。

“バックシフト”が完全にスト5のVシフトと同じで笑いますw


明らかにスト5の影響を受けていそうです。しかし、こういった良い部分をしっかり吸収するのは、良いと思います。

グラブルVSプレイヤーにとっては、大きな調整になると思うのでプレイヤーにとっては朗報と言えるでしょう。

以上。

関連記事

-グラブルVS

執筆者:


  1. 匿名 より:

    オーバードライブは逆転要素を詰め込んだ感じで面白そうね

  2. 匿名 より:

    システム追加で離れた人がまた戻るとは断言出来ない内容だけどどうにかしようとしてるのは伝わるし格ゲーが賑わうといいなって思います。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

『グラブルVS』Amazonのゲーム売れ筋ランキング1位!いま予約しても発売日に届かねえ!!

2月6日に発売が予定されている対戦格闘ゲーム『グランブルーファンタジー ヴァーサス』について少し話します。管理人が購入予定だったタイトル。 『グラブルVS』Amazonのゲームカテゴリランキングでは1 …

『グラブルVS』無線有線で騒いでる◯◯どもへ捧ぐ。騒ぐ前に、実際にネット対戦をプレイしているんですか?

『グランブルーファンタジー ヴァーサス』ゲームショップでも品切れが多いみたいで、物凄く盛り上がっていますね。 プロ格闘ゲーマーも多く参戦しており、みなさんモチベーションが非常に高い。 しかし、ツイッタ …

『GBVSR』プチ感想。スト6触ったらこのモッサリ感は耐えられない。同時押し多すぎるし、投げ抜けはマジで余裕だった。ゲーム内コミュニティでも批判が多数……。「ゲージ使ってガークラするゲーム」「前作のほうが面白い」

『グランブルーファンタジーヴァーサス ライジング(GBVSR)』オープンβテストが本日2回に渡って開催されているのですが、自分も体験してみたのでちょっと語りたいと思います。 正直、ちょっと触って「コレ …

グラブル版フォールガイズの話

【悲報】『GBVSR』無料版プレイヤー、ハンゲの初期アバターと同じ惨めさを味わう。グラブル版フォールガイズ「ぐらばとっ!」の面白さについて。

『グランブルーファンタジーヴァーサス ライジング』早速遊んできました。 対戦は一切しておらず、グラブル版フォールガイズと言われている「ぐらばとっ!」をプレイしてきました。 これが中々に面白いです。 し …

【悲報】『GBVSR』βテスト時点で酷評だらけの本作、かずのこさんも珍しく苦言を呈する。「ゲージ50%溜まるまで茶番なんだよね」「2D格ゲーで投げが弱いってよくわかんねーよな」

『グランブルーファンタジーヴァーサス ライジング』βテストがおこなわれ、様々な酷評が飛び交いまくっている本作ですが、プロゲーマーかずのこさんも配信上で珍しく苦言を呈していました。 温厚で楽しい配信スタ …

当ブログ「まじっく ざ げーまー」のテキスト、画像などの内容をまとめサイトやキュレーションメディアへ無断で転載することを固く禁止します。

FF14権利表記:(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.