ストリートファイター5

『スト5AE』リュウのVスキル2は「入り身」と判明。リュウは“おみくじクソキャラ”の代名詞になるのか?Vスキル1の心眼と変わらないような……。

投稿日:

『ストリートファイター5 アーケードエディション』本日発表された新要素のVスキル2ですが、リュウとチュンリーのVスキル2の性能が公開されました。

リュウのVスキル2は「入り身」です。魚の切り身みたいですね。

相手の打撃技をかいくぐりながら正拳突きを繰り出す。
踏み込み動作中に相手の攻撃を回避することが可能で、回避すると正拳突きの後にさらに追撃を行う。

という能力。なんかこれVスキル1の心眼と変わらないような印象があるんですけど、どうでしょう。

この能力を見たときのプロゲーマーももちさんの反応は「弱そ」でした。

「なんでリュウこんなブッパナシ……各々のタイミングでぶっぱなすべしみたいなの毎回……」とも言っていました。

以下ももちさん配信のコメント。

・当身バクチキャラ
・たかしお前おみくじ野郎になっちまったのか?
・博打しかせんな
・マジで瞑想してるだろカプコン
・リュウいい加減そっちの方向は危ないって気づきな
・リュウの人体実験は続く

リュウのVスキル2は能力見ると凄い手抜き感ありますよね……。なんか、リュウには当身系入れておけばいいかみたいな適当さを感じる。

流石に地味過ぎてリュウ使いが可哀相に思えてきた。Vスキル1も当身、Vトリ2も当身、そしてVスキルも当身っぽい……。どれだけクソなキャラにしてしまうのか。Vトリ1のリュウはいいけどVトリ2のリュウと戦うときの不快感は凄いですからねえ。

チュンリーのVスキル2は覇山蹴です。

前方に小さく飛び上がり、着地と同時に相手を蹴り技を放つ。
飛び上がっている最中は、相手の投げ技や攻撃位置の低い技を回避することが可能だ。

と記述されている。こちらはグラ潰しや下段攻撃を回避しつつの攻撃が出来そう。ってかスト5に覇山蹴無かったんだね。今まで気付かなかった。

以上、リュウとチュンリーのVスキル2紹介でした。

PVで少しだけ公開されたラシードのVスキル2が“臭っている”とも界隈で話題になっています。果たしてどうなってしまうのか。

ではでは。

-ストリートファイター5

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『スト5CE』挑発や屈伸で不快な思いをしないために、政府と連携して個人情報を表示させるシステムが必要だ。

『ストリートファイター5 チャンピオンエディション』今回は雑記です。 つい最近プレイしていて思ったことがあります。 煽りプレイに対しての罰やリスクが必要なんじゃないかと。 みなさんも屈伸や挑発をされて …

『スト5CE』マゴさんが語る、自キャラを弱いと言いながら使い続けるプロについて。「確かにカッコ悪いなって思うよ。でも人間なんだよね。」「みすぼらしい、カッコ悪いと思うようなプロが居てもいい。」

『ストリートファイター5 チャンピオンエディション』今回はマゴさんのマシュマロ雑談を取り上げます。 話題は、「自キャラを弱い弱い言いながら使い続けるプロについてどう思うか」です。 ソース元リンク:マゴ …

『スト5CE』煽りや荒らしをするプレイヤーはそのプレイヤーが悪いだけ。○○道場が悪いという話ではない。トラボ選手の意見に耳を傾けるべし。

『ストリートファイター5 チャンピオンエディション』今日はちょっと道場機能の話をします。 本日、当ブログに↓のコメントが届きました。 sakoさんは好きだけど、sakonoko道場の奴がラウンジに入っ …

『スト5CE』ウメハラが語る、格ゲーでの運の要素について。「運の要素はそりゃあります」「大会は5年10年で評価するべき」

『ストリートファイター5 チャンピオンエディション』ウメハラさんのマシュマロ雑談配信を2つ取り上げます。 ちょっと以前話題にしたボンちゃんさんの正義執行に関連する話だったと感じたので、短いのですが書き …

『スト5CE』必要のない置きブロッキングで“わからせる”。EX無敵技のブロッキング回数を全キャラ調べたので、ギルのVスキル2を満喫したい方はご覧ください!

※12月27日更新 『ストリートファイター5 チャンピオンエディション』雑記。 管理人は12月16日に追加された新キャラクター“ギル”を結構触っています。195試合して勝率24%という酷い有様ですが、 …

文章
漢検合格
ポケモンアルセウスレビュー記事
masutaduelレビュー
サイバーパンクのレビュー
ゼノリボーンレビー
龍如7
pokemon300
rmag3rebyu
EDFIRのレビュー

当ブログ「まじっく ざ げーまー」のテキスト、画像などの内容をまとめサイトやキュレーションメディアへ無断で転載することを固く禁止します。