遊戯王

『遊戯王マスターデュエル』先行が超絶有利ゲーと知る。そして、ファンデッキらしきものをエルドリッチで粉々にした罪悪感。ブルーアイズ=甲鱗のワーム説。

投稿日:

遊戯王マスターデュエル先行有利

『遊戯王マスターデュエル』自分が感じた意見は間違っていなかったことが証明された。

過去記事にて、「先行が有利なのか?」って記述したんですけど、コメント欄で同意を得られました。

遊戯王は先行が圧倒的に有利だそうです。

遊戯王は先行がめちゃくちゃ有利で紙の大会環境だとじゃんけんゲー(じゃんけんで勝った方が先行を選んでそのまま展開して勝つ事が多い)とか言われてるやつなので…

※過去記事のコメ欄より

遊戯王は先攻が圧倒的に有利なゲームですね。
先攻取ってしまえば、相手の盤面が整ってない状況で容易に勝ちパターンを展開できます。
それを防ぐために以前の記事でも記述があった「灰流うらら」などの妨害札が重要視されてるのですが…

※過去記事のコメ欄より

……とのことです。僅か8戦目にして、この部分におぼろげながら気付いた自分って実は凄かったりしませんかね。

つまり、本作ではコイントスに勝ったら先行を選んでおけば間違いないということだろう。

自分と同じような初心者が居たら、ここは知っておいたほうが良いと思う。そのために今回の記事を書きました。

勿論デッキによって後攻のほうがいいってのがあるかもしれないが、よくわからんなら先行取っておいたほうが良いと思う。自分は相手に先行取られて何も出来ずに負けたことがあったので。

先行取っておけば罠でカウンターも狙えるし、一切身動き出来ずに負けるって可能性も少しは減らせるはずだ。

さて、ここからは余談になる。

本日の対戦で、メッチャ懐かしいカードを目にしました。

見えますかね。コレです。

「トゥーンワールド」です。

懐かしすぎて鼻水でました。これって原作遊戯王のかなり初期に出てきたカードですよね。自分当時ジャンプで遊戯王読んでいたので、これは記憶に残っています。

遊戯王やってなくても、このカードは見覚えがあったので懐かしッってなりました。

しかし効果が全く謎だった。なんせ説明文には「1000LPを払ってこのカードを発動できる」としか書かれていない。遊戯王マスターデュエルはテキスト長すぎて理解するのがしんどすぎるっていう問題があったが、このカードは逆にシンプル過ぎて意味がわからない。

原作で見覚えがあると言っても、効果は覚えているわけがない。ジャンプで読んでいた数あるマンガの中の一つでしかなかったので。トゥーンっていうカードの存在自体は印象的で覚えていました。

結局、よくわからんままエルドリッチで粉砕してしまった。

対戦相手が色々頑張ってモンスター出していたけど、コンキスタドールや神の通告で破壊しちゃいました。

なんか、ここはちょっと罪悪感ありました。トゥーンワールドって超昔に登場したカードですから、これは多分いわゆるファンデッキなのだと思う。実際、エルドリッチで簡単に勝ててしまったので、そんなに強くないデッキなのだろう。

そんなファンデッキを流行りの強デッキで潰してしまう罪悪感みたいのは少なからずありました。

でも仕方ない。ここは戦場だからな。

最後にもうひとつ余談。ちょっと思ったんですけど、ブルーアイズホワイトドラゴンもいまの遊戯王だとザコ敵ポジションだったりするのかな。

コイツって今見るとMTGの「甲鱗のワーム」みたいになってませんか?数字だけ高くて何の特殊能力も持たないゴミみたいな。

甲鱗のワーム

甲鱗のワーム

初心者に、コストが重く、大きいだけのクリーチャーは、実は弱いのだ、と教えるためにあるかのようなカード。
カード資産も知識も少ない初心者同士のゲームでなら、圧倒的なサイズによってまさにフィニッシャーとして活躍するだろうが、中級以上の相手と戦った時に活躍させるのは難しい。
シャークトレードの話によくジョークとして出される。レアリティがエキスパンション・シンボルに表示されていなかった時代はそれを利用して初心者を騙そうとする人が多かった為である。
また、実際に第5版のスターターデッキを買うと1枚くらいは当たるので、これから始めた人にとっては最強のクリーチャーに見える事も多かった。

※MTG wikiより引用

……似てるような気がするんですけど、気のせいでしょうか。まあ甲鱗さんはブルーアイズと違ってコモンですけど。

私からは以上です。

関連記事

-遊戯王

執筆者:


  1. 匿名 より:

    1:1の対人ゲームは余程の事がない限り先手番が圧倒的に有利です。このゲームに限った事ではありません。
    対戦ゲームの基礎知識なので覚えておくと良いと思います。

    • 管理人mtg より:

      参考までに、その基礎知識(先手が圧倒的な有利)が通用する対戦ゲームを理由含めて5本挙げていただけませんか。
      自分は知らないので教えて下さい。

      • 匿名 より:

        コメント主では無いですが…

        ·遊戯王
        先攻なら相手の妨害を受けずに(手札誘発を除く)制圧盤面を作ることが出来る。罠カードも使いやすい。
        ·デュエルマスターズ
        先攻のデメリットが1ターン目のドローが無いことだけであり、効果ドローの敷居もそこまで高くないので、より早く盤面を展開出来る先攻が有利
        ·シャドウバース
        先攻は“自分が展開して相手が除去する”という“受けの動き”を相手に強要させ易い。また、高コストのフィニッシュ札を先に使うことが出来るので先にリーサルまで持っていける
        ·逆転オセロニア
        “平打ち”や“X打ち”など盤面展開の方針を先攻が選択し、それを相手に押し付けることが出来る(定石を外れた手を打つと一方的に不利になる為)。また、後攻ボーナスで加算されるHPも低いため同程度の火力で殴り合いになると先攻が勝つ
        ·ポケモン
        相性によって“相手を一撃で倒す”なんてこともざらなので、低速(後攻)は何も出来ない可能性があり、他ゲームに比べても高速(先攻)であることが重要

        ポケモンの例が分かりやすいけど、“先に行動出来る”ってのはそれだけでかなりのアドバンテージになる

        • 管理人mtg より:

          ありがとうございます。参考になりました!
          ポケモンはいまアルセウス遊んでますけど確かに先行有利ですね。

    • 匿名 より:

      程度の差はあれ、遊戯王はそれが顕著すぎですよ。あなたが遊戯王以外のカードゲームをしたことがないのがよくわかる。

    • k より:

      遊戯王しかまともにカードゲームしたことないやつの戯言
      もっと他のまともな競技性のゲームもしてみようね

  2. 匿名 より:

    相手もボッコボコにされるの承知でランクマに潜ってるんでそこは気にしなくてもいいかと…
    その代わり自分が同じようにボッコボコにされても気にせず「次は対策用にこのカード入れてみるかー」ぐらいの気持ちで遊ぶ方が楽しいですよ。
    今のレギュレーションだとVFD(現在のOCG禁止カード)なんかが野放しなんで正直死ぬほど腹立つこともありますけどねw

    • 管理人mtg より:

      最新のレビュー記事で書いたんですけど、一方的にボコすかボコされるかみたいなところはあるので、そこはもうそういうゲームだと理解しましたw

  3. 満足 より:

    ホープデッキを使うのは楽しい

    • 管理人mtg より:

      エルドリッチに全リソース注ぎ込んでいるので他デッキ触れないです。

  4. 匿名 より:

    青眼はバニラ青眼3積みしたのが世界大会優勝したり環境トップだったこともあるので、甲麟様とは比較にならないです

  5. 匿名 より:

    青眼は新弾で強化が来たんですけど、まだ実装されていないんですよね
    しかし管理人さん引退するって言ってたのに完全にハマってるやん笑

    • 管理人mtg より:

      マスターデュエルにもそのうちバージョンアップとかでその新弾とやらが反映されるんですかね。

      自分の手のひらは自由自在なので、引退からの復帰はお手の物ですよ。

  6. 匿名 より:

    ブルーアイズは中堅どころ、
    トゥーンは2020に新規が来てからはファンデッキ範囲ですが、普通に戦える範囲なので
    単に妨害が刺さりやすいデッキで対処したという感じかと。

    • 管理人mtg より:

      なるほど。相性的にも有利だったわけですね。

      • 匿名 より:

        ブルーアイズはライバルキャラが使っているのもあって人気なので、サポートカードが非常に充実してます。(サーチ・デッキから特殊・手札に持ってる事で場に出せるカードがある・融合素材で指定されてる・バニラ・ドラゴン・レベル8等)、遊戯王は展開コストがギャザと比べて低いだけでなく、
        サポートのお陰で低コストで場に出せたり活用法方が多才なのが良い点です。単純に手札1-2枚消費で出せます。
        そして、場に出したブルーアイズは、3000打点以外にもシンクロ・エクシーズ素材にしたりできるから、活用がしやすいです。
        ワームを出すには(召喚でも・別カードで蘇生するにも)マナ払ってだすしかないし、出したらデカスタッツでしかないのでそりゃあ他カードを出しますよね。

        • 管理人mtg より:

          ありがとうございます。
          気になって遊戯王カードwikiも見てきたんですけど、情報量が凄くて驚きました。
          よく考えたら原作からの長い歴史がありますもんね。

  7. 匿名 より:

    トゥーンワールドとは懐かしい。
    原作だと反則に近い効果でしたが、こういうゲーム上では残念性能のファンアイテムですね

  8. 匿名 より:

    プロゲーマーのかずのこさんも配信でブルーアイズデッキを使っていますが結構勝ててますね。

    • 管理人mtg より:

      かずのこさんも遊戯王やっていたんですね。チェックしたいと思います!

  9. 匿名 より:

    青眼の白龍は専用サポートや派生モンスターが大量にあって、純粋に(カルト的ではない)人気もあるので、ワームとは違いますね

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【悲報】『遊戯王マスターデュエル』初心者の管理人、エルドリッチとかいうクソデッキに敗北する。ミラー対策(ドーハスーラ?)もするべきか。

『遊戯王マスターデュエル』ついに遭遇してしまった。 悪名高いエルドリッチに。 健闘虚しく……ってわけでもなく、健闘一切出来ずに敗北を喫してしまいました。場にエルドリッチがどんどん召喚され、こちらは為す …

【悲報】『遊戯王マスターデュエル』新イベントではエルドリッチが禁止カードになる。他禁止カード多数。喜びと悲しみが入り乱れるが、嬉しい人が殆どか……。

『遊戯王マスターデュエル』新イベント“エクシーズフェスティバル”が開催されました。 このイベントではなんとエルドリッチが禁止カードになっています。 エルドリッチ以外にも様々なカードが禁止されています。 …

『遊戯王マスターデュエル』オルターガイストプレイ日記。ワイ、約40分の死闘を制す!新たに入れてみた“拮抗勝負”の扱いはかなり難しい気がした。

『遊戯王マスターデュエル』今日も今日とてオルターガイストデッキで遊んでおります。 まず最初に、今回は“拮抗勝負”というカードについて語りたい。 これ前回の記事のコメント欄でオススメしてもらって、メチャ …

【悲報】『遊戯王マスターデュエル』勝率の高さ自慢は全く参考にならない。サレンダーは試合数にカウントされず。自慢していいのは連勝回数だ!

『遊戯王マスターデュエル』悲報です。 本作のデータ内にある「デュエル回数」は、サレンダーをするとカウントされない仕様になっていました。 ツイッターでもの凄いバズっていました。 マスターデュエル豆知識マ …

『遊戯王マスターデュエル』iOS版が配信開始。サービス開始も近いか?

『遊戯王マスターデュエル』ですが、iOS版の配信が開始されました。 ツイッターのトレンドに入っており、私自身も実際にiPadで確認したところ、確かに配信されていました。 「遊戯王 マスターデュエル」と …

文章
漢検合格
ポケモンアルセウスレビュー記事
masutaduelレビュー
サイバーパンクのレビュー
ゼノリボーンレビー
龍如7
pokemon300
rmag3rebyu
EDFIRのレビュー

当ブログ「まじっく ざ げーまー」のテキスト、画像などの内容をまとめサイトやキュレーションメディアへ無断で転載することを固く禁止します。