D4DJ モンスターハンターワールド

『D4DJ』モンハンコラボイベがソシャゲ界の革命について。新規でも100位称号が狙える神イベント!この発想は無かったです。

投稿日:2021年1月13日

『D4DJ(グルミク)』先日より「モンスターハンター」とのコラボイベントが始まった本作ですが、このイベントがちょっと神なんじゃないかと。ソシャゲ界の革命なんじゃないかと思った次第です。

なにが革命なのかというと……。これをご覧ください。

討伐対象のモンスターが5体(ドスジャグラス、リオレイア、リオレウス、イヴェルカーナ、歴戦ネルギガンテ)が並んでいますね。

プレイヤーは好きなモンスターと戦うことが出来る。モンスターによって手に入る素材が違います。リズムゲームをプレイしてダメージを与えて討伐を目指します。

これ、5体それぞれに与ダメージランキングというものがあるのです。これが凄い。

与えたダメージが100位以内に入ると称号がもらえます。100位以内、10位以内、1位に称号が用意されている。

このシステムが画期的だと思ったのは、モンスターが撃破されるたびにランキングがリセットされるところです。

モンスターのアイコンの下部分に「調査No.」という項目がありますね。これが撃破された回数だと思ってください。弱いモンスターのドスジャグラス、リオレイアなんかは調査No.の数字が多いですよね?

つまり、それだけ100位以内の称号を狙うチャンスがあるということです。モンスターが倒される度にランキング称号の争いが勃発するのです!

自分は本日の午前3時頃にリセマラを終えてスタートしましたが、そんな新規の自分でもドスジャグラスの100位称号は簡単に取れました。報酬が5倍になるブーストチケを1回使っただけで55位でした。



※管理人はオープンβテストからのD4DJプレイヤーでしたが、モンハンコラボキャラが欲しかったので今までのデータを捨ててリセマラしました。

体力の多いイヴェルカーナやネルギガンテの100位称号を新規プレイヤーが狙うのは重課金以外不可能だと思いますが、ドスジャグラスとリオレイアならコラボイベからスタートした新規でも取れると思います。

ネルギガンテとイヴェルカーナはまだ4体しか倒されていませんし、称号争いは熾烈だと思います。体力が多い=長時間走らなきゃいけないってことなので。討伐に時間が掛かるモンスターほど育成の格差がキツくなってきます。

自分がドスジャグラス100位称号を取ったときの編成は下記の通り。

コラボガチャキャラは咲姫しか持っていませんが、これでもドスジャグラスなら100位狙えます。置物はそこそこ強化して、スキルレベルは咲姫のみ3です。

まあ100位称号のバーゲンセールみたいなものなので、希少性は無いんですけど、取れること自体に意味があると自分は思う。新規プレイヤーのモチベには十分なるでしょう。

当然、メインであるイベントポイントランキングも用意されている。ガチ勢はこっちの称号狙うでしょうね……。ネルギガンテの上位称号も希少性はそれなりに高いと思う。

本コラボから始めた方は、まずはドスジャグラスの100位称号を狙ってみるのが良いと思います。ある程度育成したらブスチケ使ってダメージを叩き出せば100位は狙えるはず。私の総合力も参考にしてください。

ハードコアゲーマーの自分でもこのイベントの発想はありませんでした。このランキングイベントを考案した人は凄いと思います。

一般的なソシャゲ、D4DJの過去イベだったらスタミナにもの言わせてひたすら走るだけっていうのが通例なのですが、今回のD4DJはそれを良い意味で裏切りました。短いスパンでランキングがリセットされることで、プレイヤーがどの時間にイベントをガッツリ走ろうかって考えられるし、メリハリも生まれます。

ネルギガンテだったら人の多い夜の時間に討伐したほうが走る負担は少ないかな?すぐにカタがつくドスジャグラスだったら人の少ない朝の時間のほうが100位称号狙いやすいかな?とか、プレイヤー側が立ち回りを考えられるのも面白い。

モンスターが5体用意されているっていうのも良いんですよね。これが1~3体だったらそこまで人がバラけなくて新規が称号を狙うスキも無さそうですから。

メインのイベントポイントランキングを用意しつつ、与ダメージランキングという細目のランキングも用意した今回のイベント、間違いなく神だと思います。

与ダメランキングだけでなく、コラボイベント全体の内容も含めて評価しています。モンハン仕様に染まったUI、SE、アイテムのアイコンとか、ところどころにモンスターハンターへのリスペクトを感じる。

スマホゲーのイベントでここまで凝ったコラボイベントを見たのは初めてかもしれない。

ちょっと熱く語ってしまって申し訳ありません。それだけ今回のD4DJは凄いということです!!

ちなみに自分が本気を出すのは後半からです。後半イベントに備え、ハード譜面のフルコン埋めをしてガチャ石を貯めています。

今回の前編イベントはリオレイアの100位称号が取れればそれでいいかなと思っている。もうちょっと育成が進んだらリオレイア100位称号狙います。

それではさようなら。

※追記:リオレイア100位称号取れました。こちらもブーストチケット4枚程度でランクイン出来たので、新規でも簡単に取れます。

関連記事

-D4DJ, モンスターハンターワールド

執筆者:


  1. ポテコのり塩味はうまい より:

    こんにちわ。
    微課金勢なので普段のイベントの称号はよくてTOP5000ですが、
    おっしゃるとおり今回はTOP100狙えるチャンスと思い、奮起して
    今日の昼休み前後にリオレウス走ってみました。
    総ダメージ1万8000で50位台に入れました。
    ブースト10枚以上使ったと思いますが満足です。
    右二匹は眼中にありません(笑)

    • 管理人mtg より:

      おお、おめでとうございます!!
      リオレウスいいですね~。レイアと並べてセットしたいですw
      イヴェルとネギは完全にガチ勢用ですからねえ。ブーチケどれくらい必要かもわからない状況でひたすら走らなきゃいけませんし、転生した自分も眼中にないですw

  2. 万年十段 より:

    限定☆4一人、他☆3でドスジャグラス1位が取れました
    曲は短いClimax Jumpで残り30%ちょっとぐらいのドスジャグラスをマルチで一回殴り
    マルチが終わると丁度次のドスジャグラスが始まっているのでソロで最速Climax Jump3連続で1位になれました

    4500ポイントぐらいで1位になれるときもあるので狙ってみるのもありかと
    10分ごとぐらいにチャンスがあるので

    • 管理人mtg より:

      おお、その編成でも1位が取れるのは、ちょっと試してみたくなります。
      HPの調整は時間帯にもよるでしょうし難しいところですよね。
      自分みたいな総合力が低い人がジャグラスの上位称号狙うなら朝とかのほうが良さそうかな。
      ブーチケは転生したばかりで余裕ないので、レウス100位狙うために使うかジャグラス10位以内目指すか、迷います。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【MHW】『モンハンワールド』4月19日に新モンスター「マム・タロト」と新マップ「地脈の黄金郷」が登場する大型アップデート第2弾が配信!!

大型アップデート第2弾の情報が飛び込んできました!! なんと新モンスターが登場!! その名は爛輝龍(らんきりゅう)マム・タロト!! (英名:Kulve Taroth) 「マム・タロト」が実装されるアッ …

『モンハン アイスボーン』溟龍ネロミェールの弱点、装備紹介!複数部位装備で新スキル「属性加速」が発動するぞ。

『モンスターハンターワールド アイスボーン』今回は溟龍ネロミェールの弱点、装備品の紹介をおこなっていきます。 溟龍は“めいりゅう”と読みます。 では、弱点と装備紹介に移ります。 スポンサーリンク ネロ …

【MHW】『ネルギガンテ』ランスでソロ討伐完了!討伐したときの立ち回りを軽く紹介。パワーガードが使えるモンハンワールドでのランスは強武器だと思う。

ちょっといいですか? 「ネルギガンテ」リベンジ完了しました。(5回目の挑戦で討伐成功) モンハンワールドの討伐動画を検索していたら、ランスで5分討伐しているものを発見しました。 ランスを使って5分で倒 …

【MHW】『モンハンワールド』テオ・テスカトル素材で作れる防具「カイザーシリーズ」を紹介!弱点特効Lv2が発動するαテオ腕は有能だ。シリーズスキルは「炎王龍の武技」!

『モンスターハンター ワールド』今回はテオ・テスカトルの素材で作れる防具を紹介します。 テオ・テスカトル戦の攻略記事は下記リンクからお読み下さい。 戦闘での注意点や事前の準備について解説しています。 …

『モンハンワールド』新登場の虹枠武器(灼熱を帯びた武器)は装備するだけでスキルが発動する優れもの!14武器種それぞれに4種類が存在。

『モンスターハンター ワールド』本日より歴戦マムタロトのクエスト「狂乱のエルドラド」の配信が開始されました。 新たな報酬として、虹枠の装備品(灼熱を帯びた武器)が登場することも過去の放送から明らかにな …

当ブログ「まじっく ざ げーまー」のテキスト、画像などの内容をまとめサイトやキュレーションメディアへ無断で転載することを固く禁止します。

FF14権利表記:(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.