スマートフォン 管理人が語るシリーズ

スマホゲーでも面白いものは面白い!家庭用ゲーム、スマホゲーム、全てを遊ぶハードコアゲーマーでありたい。

投稿日:

今回は「スマホゲーム」の話題。

スマホゲーでも面白いものは面白いってことを語ります。

1年くらい前までは、基本無料のスマホゲーを相当嫌っていた自分ですが、その偏見は消え去りました。

何故かと言うと、それは勿論、面白いスマホゲームに出会ったからです。

面白いスマホゲームってなんですか?

当ブログでも度々取り上げている『バンドリ!ガールズバンドパーティ!(以下バンドリ)』と『グラフィティスマッシュ(以下グラスマ)』の2つだよ。

▲ リズムアクションゲーム「バンドリ」

▲ 引っ張り&塗りアクション「グラスマ」

この2つのスマホゲーに共通して言えることは、“ゲーム”としての楽しさがしっかり成り立っていて、課金してポチポチタップするだけの有象無象のクソシャゲじゃないってこと。

スマホゲーを遊ばないコンシューマーオンリーのゲーマーはスマホゲー=課金偏重のクソゲーってイメージがあるかもしれませんが、それは違う。

『バンドリ』は、アーケードの音ゲー同様に上達していく楽しみがあるし、『グラスマ』は一手一手、軌道を予測しながら弾くのが楽しい。

少なくともこの2つの作品だけは、数あるスマホゲーの中でも「面白い」と自分が胸を張って言える作品です。

スマホゲーだからって一概に「ゲーム性の薄いクソゲー」ってわけじゃありません。昔の自分はそんな認識でしたが、バンドリとグラスマに出会って考えを改めました。

自分は、家庭用ゲームも、スマホゲーも、面白そうだなと思ったら全てに手を出すハードコアゲーマーでありたい。

ハードコアゲーマー

俺はハードコアゲーマー。FPSだったらオーバーウォッチを数百時間プレイ。格闘ゲームもスト5で4000試合以上こなし。音ゲーも弐寺、maimaiと幅広い経験を積んでいる。アクションはド下手くそ。

自分以上に幅広いジャンルを遊んでるゲーマーは殆どいないと思う。だからこういうゲームブログがやれてると思ってる。そう、ここがハードコアゲームブログ。ゲームブログ界のハードコア的存在まじっくざげーまー。

スポンサーリンク

でも、面白いスマホゲーは一握り

スマホゲーでも面白いものは面白い。

が……低い……!

その面白いスマホゲーに出会える可能性は相当低い……!

面白いスマホゲーと出会う確率っていうのは、砂漠を歩いてて偶然オアシスを発見するのと同じくらいの確率です。

砂漠歩いたことあるの?

いや無いけど。

ゲーム性の低さにウンザリしたり、課金煽りが激しかったりで、すぐアンインストールしてしまうものが殆どでした。
(期待していたファンタジーライフオンライン、FFエクスプローラーズ フォースは酷かった)

流行りに乗っかってセールスランキング上位のゲームもインストールしたりしてみましたが、なんでこんなのが人気やねんって思うものも多々あった。

面白いスマホゲーってのは確かに少ない。だからこそ面白いスマホゲーを見つけた時の感動みたいなのはあります。

まあそんなの探す時間が勿体無いので、管理人のオススメする『グラスマ』と『バンドリ』を遊んでおけば間違いない。

バンドリとグラスマ以外だと、『Cytus Ⅱ』、『Muse Dash』が面白かったです。どちらもリズムアクション。
(CytusⅡ、Muse Dashは基本無料系ではなく、買い切り型のゲーム)

▲ オススメはグラスマ、バンドリ、Cytus2、Muse Dashの4本。

バンドリとグラスマの魅力を簡潔に紹介

管理人オススメのスマホゲーム「バンドリ」と「グラスマ」の魅力をここで簡単に紹介しておきます。

バンドリの魅力

【ジャンル】リズムアクション

【魅力】
・豊富なカバー曲(管理人はカバー曲目当てで始めた)
・オリジナル楽曲のクオリティも高い
・スタミナを気にせず好きなだけ遊べる
・SDキャラが可愛い
・音ゲーとして楽しむだけならガチャの必要一切無し
・最近ではペルソナ、初音ミクとコラボしていた

今からバンドリを始めれば初音ミクのコラボ衣装をゲット出来るので、気になる方はとりあえずインストールしよう。

※初音ミクコラボのログインキャンペーンは9月5日14:59まで

ゲームの詳細はレビュー記事を見てくれ。

ガルパのレビュー

関連記事:『バンドリ!ガールズバンドパーティ!』評価・レビュー。スマホアプリ最高傑作!カバー曲目当てで始めたら恐ろしくハマってしまった音ゲー。

グラスマの魅力

【ジャンル】引っ張り&塗りアクション

『グラフィティスマッシュ』は、『モンスターストライク』のように、キャラクターを引っ張って攻撃するおはじきゲー。

そこに、“塗り”という要素が加わる。

キャラクターが移動すると、その移動した地面が塗られます。

地面の塗られた量に応じて攻撃力が上がる。自分のターンがまわってきた時、足元が塗られていれば武器のスキル(ウェポンアーツ)が発動する。

「次に行動する味方キャラの足元が塗られていないから、武器スキルを発動させるために足元を塗ってあげよう」といった戦略性もある。無闇に引っ張って敵に当たればいいというわけではない。

▲ 塗られている範囲が多いと、画面左上の「ダメージ倍率」が上昇。

身も蓋もない言い方をすればモンストとスプラトゥーンをパクったような作品だ。

【魅力】
・ハードコアゲーマーも唸るほどの、完成度の高い洗練されたUI
・すぱる二等兵さんの描くキャラクターデザインがGOOD
・キャラクターがガンガン喋る
・自分の狙った位置に弾いて敵を複数撃破できると気持ちいい
・自分好みに武器を育てられる
・マルチプレイではボイス付きのスタンプでワイワイギスギス楽しめる
(ボイス付きスタンプは、キャラクターを使い込んで“絆”を上げると開放されていく)

『グラフィティスマッシュ』は、ディスガイアみたいなやり込み系ゲームが好きな人に合う作品だと思います。

武器ダンジョンや降臨ダンジョンに潜って、ひたすらキャラクターや武器を地道に育てていくゲーム。

かなりの周回ゲーなので、急に醒めることもありますが、ハマるときはとことんハマる。
(自分も周回に飽きて休止していた時期がありましたが、いまは復帰してやり込んでいる)

キャラクターだけでなく、武器の育成も出来るのがいいですね。

武器には“スロット”があって、ここにマテリアをはめることで、同じ武器でも性能が変わってくる。

▲ 自分好みのマテリアをはめよう。

ちなみに、グラスマはもうすぐ「フェス」が始まるはずだから、グラスマを新規で遊ぶならフェス限ガチャが始まってからがいい。

現在新しいフェス限定キャラクターがゲーム内でフライング公開されているので、9月1日にフェスが始まるのでは?と予想している。

基本的に、適正ギミックのキャラを所持していないとマルチプレイではキックされることの多いゲームなので、新規プレイヤーは活躍場所の多いフェス限定キャラをリセマラで確保しておくべき。

具体的に言うと、「サリエル」「メタトロン」「グリード」の3体。このどれかのうち1体は持っていたほうがいいです。「ラース」は不要。

それぞれ活躍できるダンジョンが異なるので、一概にどれが一番良いとかは断言出来ない。

▲ 活躍の場が多いフェス限3人衆。

新規フェス限の性能が具体的に分かったら、新規プレイヤー向けの記事を書こうと思っています。

余談ですが、『バンドリ』で“美竹蘭”役を演じている佐倉綾音さんですが、『グラスマ』では“ユーベル”というキャラのボイスを担当している。


佐倉綾音さんが好きな人は要チェックだ。

まとめ

以上、「スマホゲーでも面白いゲームは面白いんだ」ってことを言うために今回の記事を書きました。

スマホゲーを一切触らない読者からしたら、最近スマホゲーの記事多いな~って感じることもあったと思うので……。
(過去にそういったコメントが来ていたのも、今回の記事を書いた理由である)

まあ、食わず嫌いは良くないってことです。

音ゲー好きな人は騙されたと思ってバンドリを始めてみましょう!

-スマートフォン, 管理人が語るシリーズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

管理人、腕時計を語る。激レア「ドリームキャスト腕時計」「IQウォッチ」等を紹介!!

今回は腕時計の話。 ここだけの話、管理人は腕時計が好きです。 (ライブドアブログ時代の8年近く前に一度話題にしたので、知っている人は知っているかも。) 最近少しだけ腕時計の話題を出したので、そのついで …

『ドラガリアロスト』本日おこなわれた「Dragalia Lost Direct」で様々な情報が公開。某白猫と酷似していると話題に。

2018年9月27日に配信予定のスマホアプリ『ドラガリアロスト』ですが、本日おこなわれた「Dragalia Lost Direct」にて、バトル、育成といった様々なゲーム内要素が公開されました。 【動 …

『PUBG MOBILE』リリース日が2018年5月16日に決定!

スマホ版のPLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDSこと『PUBG MOBILE』のリリース日が2018年5月16日に決定しました。 【重要なお知らせ】『PUBG MOBI …

『Nintendo Labo』が発表されたし、ゲームと現実世界をシンクロさせた画期的な玩具を振り返る。『バーコードバトラー』『爆釣バーハンター』知ってる?

ダンボールでコントローラーを作成するというNintendo Laboが先日発表されました。 関連記事:ダンボールでコントローラーを作る『Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)』が発表。 自分が …

格闘ゲームを始めるためにアケコンは必須か否か。パッド、アケコンでのプレイを両方体験している管理人がそれぞれのメリットデメリットを語る。

今回語るのは「格闘ゲームを始めるのにアケコンは必須か否か」 一人で色々語っていきます。 まず言いたい。 アーケードコントローラー、通称アケコンを買えば自動的に強くなれると思っていないか? そんなことは …

EDFIRのレビュー
div2レビュー
トライアルズライジング
レフトアライヴ
アンセムレビュー
MTGアリーナレビュー
ニュードン
Apexのレビュー

当ブログ「まじっく ざ げーまー」のテキスト、画像などの内容をまとめサイトやキュレーションメディアへ無断で転載することを固く禁止します。