日常

【謝罪】汚い記事を書いた件について。

投稿日:

謝罪

先日、当ブログの大人気コンテンツ『新・ウンチ物語』の第2話を掲載しました。

ウンチの“ウン光太郎”を主人公に繰り広げられる大冒険活劇です。ちなみに第1話で主人公がウンチではなく○○○○○という衝撃の事実が判明します。

関連記事

第2話の記事を掲載したところ、コメントで「きったね」という意見が送られました。

私は激怒した。汚いとは何事だと。ウンチが汚いというのかと。

私はこう返信した。

「でもみなさんの体内に例外なくあるものです。」と。

これで完全論破しました。私はドヤ顔になりました。汚いというが、どんな人間も例外なく体内にウンコはあります。

完全論破したつもりでしたが、全く論破になっていないことに後から気付きました。

ウンチが汚いことへの反論にはなっていないと。私が勝つためにはウンチがキレイなものであるということを証明しなければいけないのに、それが出来ていませんでした。

つまり私の負けです。ごめんなさい。

ウンチが汚いのは、認めざるをえない。そして、その汚いものを見て不快にさせてしまった読者には申し訳ない気持ちでいっぱいです。

特に、カレーを食べながら当ブログを見ていた読者の方がいたら、申し訳なく思うところですが、冷静に考えて、何かを食べながらブログを見るというのは作法的に良くないです。私のブログにそういうテーブルマナーのなっていない読者は要りません。

私の理想とする読者層は、タワーマンションの高層に住んでいて、なんかやたら高そうな紅茶かコーヒーを飲みながら、それでいて高そうな犬や猫を膝の上に起きながら当ブログをチェックするような人達です。

だから、カレーを食べながらブログを見るような読者はこっちからお断りっていう感じはしますね。

しかし、ウンチがもしキレイなもので、それが細菌もなくて栄養もあるものだったら、世界は平和になると思います。

ウンチを出して自分のウンチを食べて空腹が解決するなら、世界中の生物は他者を攻撃する必要もなくなり、平和になりますよね。ウンチが汚いっていうのは、神の意志を感じます。ウンチは汚くて食べれないから、他の生物を攻撃して、争って、それを食べて生きてゆけっていうのは、神の意志を感じます。

ウンチ(完全栄養食としての)を美味しく食べれるような世界だったら、世の中は平和だったんです。ウンチを出してそのウンチを食べるだけで生きていけるなら、争いは生まれなかった。

だが、神はそれを許さなかったのだ。

-日常

執筆者:


  1. 匿名 より:

    体育の先生が ちんちんはまんまんに突っ込むとこなんだから綺麗なんだみたいなニュアンスの事を言ってました 肛門も人によっては ズンッ!するところなのでそこから出てくるうんちも綺麗な可能性はないでしょうか

    • 管理人mtg より:

      体育の先生がそんなこというのは結構危険だと思います。
      しかもその理屈でいくと、(ちょっと下品な方向にいきすぎるのでやめておきます)なんですよね……。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【なろう小説】転生したらカレーだった。オシリから出しておいて今更食べたいと思ってももう遅い!生産者が土下座しようが知らないぜ。俺は自由に生きていく。

トクン、トクン 俺はいま、産まれようとしている。 いま、どんな状況か把握している。 俺は交通事故に遭って死んだ。つまり転生してしまったんだ。人間の体内にいるんだ。 つまり、俺の今回の人生はウンチっぽい …

『少年ジャンプ+』で「男坂」の全話が無料で読めますよ!他、ジャンププラスは面白いマンガが沢山。

管理人が毎日欠かさず訪問しているサイト『少年ジャンプ+』で、車田正美さんの名作「男坂」を全話無料で読むことが出来るので紹介!! 「男坂は」とんでもない終わり方をした打ち切り漫画として有名で、ラストのシ …

自分こそが「人間失格」です。

ひょんなことがキッカケで太宰治の小説を読むことになったのは過去の記事で語りました。 一応そのキッカケを改めて説明しておくと…… 1.脱引き篭もりの一歩として、2020年1月22日より漢字検定2級の勉強 …

【日常】決戦(漢検2級CBT)の7月に突入。気持ちは充実している。生活の改善、勉強に精を出すため、『ゴーストオブツシマ』は買いません。

みなさんこんにちは。 ついに7月に突入しました。 漢検2級CBTに挑戦する、決戦の月です。 ……なんだろうな。今の自分はとても気力が充実している。漢検2級の勉強を始める前とは比べ物にならないくらい前向 …

【日常】憎きウメハラへの挑戦。俺はウメヌキの人生に終止符を打つ。覚悟のある読者だけ、結果を刮目せよ。

――告白。 私はウメハラが嫌いである。憎んでいると言っていいだろう。 それはずっと心の中で思っていた。 何が嫌いかといえば、その全てである。見た目、中身、そしてその行動である……。 私は先日、意を決し …

当ブログ「まじっく ざ げーまー」のテキスト、画像などの内容をまとめサイトやキュレーションメディアへ無断で転載することを固く禁止します。

FF14権利表記:(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.