ストリートファイター5

『スト5CE』プロゲーマーどぐらさん、ガイルを触る!「ガイルおもろいわ」「やり甲斐かなりある」

投稿日:

『ストリートファイター5 チャンピオンエディション』ガイルのキャラクターを批判していたプロゲーマーのどぐらさんですが、本日ミルダムにてガイル配信をおこなっています。

配信URL:https://www.mildom.com/10623172

・ガイルはコンボが難しい
・特殊技が多い
ガイルおもろいわ
やりがいかなりある!
・ガイルやっぱムズいわ

というように、ガイルを相当楽しんでおられます。というか配信見る限りメッチャ楽しそうにガイル触っています。あんだけボロクソに言ったキャラを嬉々として使うのは、良いですね。過去の発言はガイル使うのを前提とした壮大なフリだったようにすら今は思えてきました。

どぐらさんは投げ間合いの広いベガを使っていたせいか、投げ間合いが短いとは言っていました。ガイルの大きな弱点が見つかりましたね。

実際、批判していたキャラクターを自分で使ってみるっていうのは良いと思いますし、偉いと思います。プロゲーマーという肩書きを持っている以上、あそこまで言って自分がガイル使って勝てなかったら叩かれるのも覚悟の上だと思うので、かなり好感は持てます。
(自分自身はそんなことしないし、むしろそういう発言した上で叩いたキャラを使うっていうのは凄いと思っていますが、とりあえず叩きたがるゲスな人間はどこにでもいるわけで)

別にキャラ批判したっていいじゃないですかね。スト5なんてクソキャラのオンパレードで、誰使ったって文句言われるようなゲームしてんですから。お互いがお前使ってるのクソキャラだろって、そのくらいの気持ちで戦ってんじゃないですかね。

聖人君子に見えるsakoさんだって、ザンギに文句言ってたこともありますからね。

自分だってブランカとかザンギとかブログ上でぶっ叩いてますけど、そんな自分が使っているのはクソキャラ筆頭のコーリンですから。当然天敵のガイルも嫌いですが、自分は溜めキャラ苦手なので逆にガイル使って勝ってみろって言われてもそれは普通にムリです。

※冒頭は「ガイルのキャラクターを批判していたプロゲーマーのどぐらさん」と皮肉に見えるような言い回しをしていますが、それ以外に表現する適切な文章が見つからなかっただけで、自分はどぐらさんを批判しているわけではありません。

-ストリートファイター5

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『スト5AE』プレイ日記49。ポイズン500試合、勝率28%での感想。立ち強Pではなく立ち強Kを振るのが大事か!?

『ストリートファイター5 アーケードエディション』プレイ日記第49回です。 コーリンを使うことは殆ど無くなり、ポイズンでのプレイングに集中しております。 ポイズンでの累計試合数は526、勝率は28.1 …

『スト5CE』2020年2月5日、トパンガの最新キャラランクが公開。現在の6強は豪鬼、春麗、ラシード、コーリン、ユリアン、キャミィ。

『ストリートファイター5 チャンピオンエディション』本日2月5日、TOPANGATVでの最新キャラランクが配信で公開されました。 ランク キャラクター 6強 豪鬼、春麗、コーリン、ユリアン、ラシード、 …

【格ゲー話】『スト5CE』対空の考え方。これは意識してなきゃ絶対に出来ない話。経験よりも意識。“凝”をおこたるなよ。

『ストリートファイター5 チャンピオンエディション』今回は対人戦における“対空”の話をしたいと思います。 “対空”、それは相手のジャンプ攻撃を迎撃するための手段です。 ジャンプ攻撃からのコンボは3割近 …

『スト5AE』プレイ日記29。ハードコアゲーマーの管理人、怒涛のランクマ10連勝!同ランク帯に敵おらず?

『ストリートファイター5 アーケードエディション』プレイ日記第29回です。いよいよ30回が見えてきましたね。 現在の総試合数は8797です。 1月17日~1月22日の間で丁度300試合こなしました。 …

『スト5AE』プレイ日記50。もうサンドバッグとは呼ばせねえ!ポイズンの勝率がついに30%を超える。見た目こそが最高のモチベ。

『ストリートファイター5 アーケードエディション』プレイ日記第50回です。 まさか50回まで続くとは思いませんでした。50回だからといって特別な何かがあるわけでもない。 本日、ついにポイズンでの勝率が …

文章
漢検合格
サイバーパンクのレビュー
ゼノリボーンレビー
龍如7
pokemon300
rmag3rebyu
Apexのレビュー
モンハンレビュー
EDFIRのレビュー

当ブログ「まじっく ざ げーまー」のテキスト、画像などの内容をまとめサイトやキュレーションメディアへ無断で転載することを固く禁止します。