アクション モンスターハンターワールド

『モンハン アイスボーン』評価・レビュー。個人的にはシリーズ最高の“神ゲー”だが、難易度の高さは賛否両論あるか。守勢スキルの登場でランサーの管理人は歓喜。

投稿日:

今回は2019年9月6日に発売された『モンスターハンターワールド アイスボーン』の感想・レビューをおこなっていきます。

本作は世界中で人気を博したハンティングアクション『モンスターハンターワールド』超大型拡張コンテンツとなっている。

過去作で言うG級に位置する“マスターランク”クエストが追加された他、新エリア、多くの追加モンスターが登場します。

“超大型”と謳っているだけあって、追加モンスターは錚々たる顔ぶれ。ナルガクルガ、ブラキディオス、ティガレックス、ディノバルドといった過去作の人気モンスターだけでなく、完全新規モンスターも多数登場している。

▲ 公式で発表されている追加モンスターたち。

当ブログはレビュー記事も数多く書いていますが、『モンスターハンターワールド(無印版)』のときは攻略記事を書くのに夢中で肝心のレビュー記事は書いていませんでした。無印版に点数を付けるとしたら10点満点です。

では、アイスボーンの評価はどうなったのか?いってみましょう。

スポンサーリンク

MHWアイスボーンのGOOD部分

超大ボリューム

本編『モンスターハンターワールド』を含めれば、数百時間は遊べる大ボリュームです。

完全新規で遊ぶって人にとっては、1ヶ月以上は軽く遊び込めるタイトルだと思う。

無印版のモンスター達は当然マスターランク帯に登場しますし、マスターランク用の防具も存在します。

あと、無料アップデートが予定されているのは多くの人がご存知かと思いますが、一応紹介しておきます。

10月には人気モンスター“ラージャン”が追加されます。

このように無料アップデートが無印版同様におこなわれるので、ボリュームはどんどん増えていきます。

“ジャストガード”の再来!?守勢スキルが登場

自分がアイスボーンを高く評価している要因の一つとして、新スキル「攻めの守勢」の登場が挙げられる。

このスキルは、タイミング良くガードを成功すると一定時間攻撃力が上昇するというもの。

▲ 守勢スキルが発動するとしっかりログが流れます。

モンハンクロスでいう、ランスのジャストガードみたいな感じで楽しめるんですよ。

モンハンクロスを遊んだことの無い人に解説しておくと、ジャストガードというのは、タイミング良く敵の攻撃をガードすることで、ガード性能に関係なく敵の攻撃を無傷で受け流し、高威力の技で反撃出来る防御方法です。

クロスのジャストガード感覚で楽しめる「攻めの守勢」マジ最高です。ランスのためのスキルを出してくれてありがとう……。

4穴スキルの登場でスキルカスタマイズはより深く

アイスボーンでは新たに4穴防具、4穴装飾品が登場しました。

4穴用の装飾品は、複合スキルだったり、スキルレベルを複数段階上げるものだったりします。

この装飾品の登場によって、今までよりも更にスキルカスタマイズを楽しめる。

ランサーの管理人的には守勢+アルファの装飾品を集めたいところ。

じっくり装備を作っていく楽しさ

個人的に、アイスボーンの難易度は高いです。

BAD部分で語りますが、敵がタフだし攻撃モーションも結構激しい。

だからこそ、時間を掛けてしっかりと対策用装備を作っていくのが楽しくもある。

▲ 自分の場合はモンスター専用の装備を複数作っています。

今までのモンハンだと、ストーリーは早々に突っ走ってエンドコンテンツに入ってから装備をまともに作るスタイルでしたけど、アイスボーンの場合は違います。

属性武器をしっかり作成しながら進めている。ジックリプレイはかなり新鮮。
(あくまで管理人の攻略スタイルです)

拠点が使いやすくなった!

新拠点「セリエナ」は、主要な施設が密集していて、アステラよりも使い勝手が格段に向上しました。


▲ 施設が固まって便利に。

分かりやすくドラクエ10で例えるなら、オルフェアのトゥーンタウン、ラッカランのレンダーヒルズみたいなものです。

ドラクエ10に例えられても分からねえよって人はモンハンと全然関係ない下記関連記事を見てください。

関連記事

MHWアイスボーンのBAD部分

長いロード時間

長い

無印版でも不満に感じていた長いロード時間は相変わらず。

ここはPC版が羨ましいポイントですね。

まあ、今の自分はロード中にスマホゲー触ったりしてるのでそこまで苦では無いですけど……。

賛否両論?マスターランクモンスターの体力について

過去記事でも語りましたが、マスターランク帯のモンスターはとてもタフです。

関連記事

管理人の1クエストに掛かる時間は15分~25分程度。かなりの長丁場です。闘技場クエストのプケプケでやっと10分切れたくらいのレベル。

マスターランクのモンスターの体力は賛否両論ありそうですね。

凍て刺すレイギエナ、オドガロン亜種みたいな戦いづらいモンスター相手だと、体力が高いこともあって凄い疲れます。

BAD部分に挙げましたが、モンスターのタフさについては個人的に賛否どちらとも言えないかな。タフなクソモンスは嫌だけど、戦っていて面白いモンスなら15分~20分くらい掛かっても問題ない。

GOOD部分で語ったように、敵がタフで強いからこそ、しっかり専用の装備を組み立てていくのが楽しい部分でもあるからね。

クラッチクローは必要だったのか?

体験版のときは面白い要素だと感じた新要素「クラッチクロー」ですが、いざマスターランクのモンスターと戦うと、傷付けることが前提の耐久力になっているのでは?と感じてしまいました。

クラッチクローで傷をつければ有利になるんじゃなくて、クラッチクローで傷を付けることが前提になっているんじゃないかと。つまり、強制されているように自分は感じます。

傷を付けなきゃっていう強迫観念に狩られて結構嫌です。傷付けないとダメージ効率下がるし。

傷付けた!与ダメージ上がって嬉しい!じゃなくて、傷付けてやっと本来のダメージが入るって感じなんスよね。マスターランクのタフなモンスターと戦ってると……。

クラッチクローの不満はソロでやってるから、っていうのもあるかもしれないな。

マルチプレイのときは別段ストレス感じなかったし。なによりマルチプレイなら4人全員に恩恵あるしね。

ソロだと操虫棍のエキス管理やってるような煩わしさがある。

特殊個体はクソモンス

ストーリーを進めると、“特殊個体”と呼ばれる、通常種のパワーアップ版みたいなモンスターが登場します。

現在は「凍て刺すレイギエナ」「紅蓮滾る(ぐれんたぎる)バゼルギウス」の2体と戦ったところですが、どちらも100%クソモンスです。本当にありがとうございました。

クソな特殊個体は沢山出てきそうなので、ちょっと嫌な予感はしている。

まとめ

以上、『モンスターハンターワールド アイスボーン』のレビューでした。

アイスボーンは個人的に無印版よりも難しくなった印象があります。

まあ、難しいとは言え、今のところは過去シリーズよりヌルいと思います。あくまでワールド無印版よりは難しいって位置づけです。紅蓮滾るバゼルギウスまで攻略しましたが、一度もクエスト失敗してませんし。

ワールドがモンハン初って人は苦戦する難易度だと予想。

さて、肝心のレビュー点数ですが……

アイスボーンの点数は10/10。満点の神ゲーとします。

これは『モンスターハンターワールド(無印版)』含めての評価。

モンハンワールドならではの美麗グラフィックに加え、人気モンスター大集合でお祭り感があるし、守勢スキルの登場でランスが更に面白くなったし、満足度が高い。

守勢スキルなー、本当によくこんなスキル出してくれたよ。モンハンクロスを遊んでいたランサーは全員喜んでるでしょ。ジャスガを使えないのがモンハンワールド版ランスの残念なところだったけど、ジャスガと同じ感覚で楽しめるスキルが来てくれたんだから、嬉しすぎるって。

BAD部分に挙げたクラッチクローの強制感、特殊個体のクソモンスは確実にマイナスポイントですけど、それ以上にモンハンワールドが面白いから満点を付けざるをえない。

クソモンスと戦ってるときのクソゲー感はマジでクソゲーだよ?そこはクソだけどさ、全体的に言えば神ゲー。これ以上に遊べるアクションゲーム、自分は知らないし。

400時間以上遊べるアクションゲームがモンハンの他にあるなら教えてくれよって感じです。

使用する武器、プレイスタイルによって本作の評価は大きく分かれそうですね。

ソロプレイメインのランサーなら本作を高く評価しそう。逆に、マルチプレイメインの人は高評価にならないかもな。集会所まわりは過去シリーズのほうが優秀だと自分は思ってるし。

以上レポっす。ではでは。

早見表

-アクション, モンスターハンターワールド

執筆者:


  1. 匿名 より:

    復帰勢です。当時はマルチで片手キノコ装備で仲間を回復しまくってました。片手剣のキノコ装備ってマルチだとまだまだ現役で貢献できるんでしょうか?それとも火力優先の装備に切り替えたほうが良いのでしょうか。

    • 管理人mtg より:

      ハザクとかテオみたいな高難易度の古龍だと個人的には有り難いです。マルチの高難易度古龍は対策スキルつけてないひとも多くて阿鼻叫喚ですからねw
      ちゃんと攻撃に参加する広域片手は良いと思いますよ。

      ちなみに自分のソロプレイでの話ですが、火力スキル積んでそれで死んだら元も子もないので、自分のクリアまでの攻略装備は生存スキル重視でした。この慎重なプレイにより、ストーリークリアまではクエスト1度も失敗しませんでした。
      慣れてるクエなら違いますが、基本は耐性スキルもしくは体力増強スキル積んでます。

  2. 匿名 より:

    ソロでもマルチでもランスの安定感は桁違いですねー。
    ガ性あったら安定すぎる。

    • 管理人mtg より:

      ソロはランス最強ですw
      ガンキン足+お守りで簡単にガ性5着けれるのがいいっすね。
      ガンキン部位をもう1つ足せばガ強も発生するのが良いです。

  3. 匿名 より:

    クラッチクローなんですが 傷つけはもとより壁衝突を怒っていないときは必ず当てていくの前提の体力調整に感じますね 弾かれ肉質が多い面倒なやつは楽になるからいいんですけどねクラッチ

    あと2p用体力を増やしたんだから3P用も欲しかった 明らかに4人にくらべて時間かかってつらい

    • 管理人mtg より:

      ですねえ。
      モンスターによっては激しい動きをするのもいるから、せっかく傷付けたのにあまり部位を攻めれずに傷が治ってしまうなんてパターンもありますし。
      マルチなら狩りのアクセントになりますが、ソロだとどうしても面倒に感じてしまいます。

  4. ZEN より:

    まだ始めたばかりですが、マルチは過去作の集会所の方がやりやすい感じしますね
    クソモンスについてはティガ希少種とかP2Gのラージャンとかヤマツカミとか、あげれば色々ありますw

    4以降ずっとチャアク使ってるので、今作もとりあえずチャアク使ってます。過去作以上に操作忙しいですが今の所は楽しいです!

    • 管理人mtg より:

      クソモンスは挙げたらキリ無いですよねw
      しっかし今回の特殊個体は酷いです。クソすぎて逆に笑っちゃいました。

      チャアクは操作大変ですよね。自分はやはりランスです。

      • 匿名 より:

        ガンナーですけどマルチは開幕不動転身でクラッチして傷つけてから頭に徹甲榴弾速射しているだけでダウンがとれて速く終わる印象です。

        • 管理人mtg より:

          おお、そういうプレイも楽しそうですね!余裕ができたら装備作ってみます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【みんゴル】『New みんなのGOLF』評価・レビュー。ゴルフゲームとしては間違いなく面白いが、新要素含めたオンラインまわりが残念な作品。

今回は8月31日に発売されたPS4ソフト『New みんなのGOLF』のレビューをします。 本作は国民的ゴルフゲーム、みんなのGOLFのシリーズ最新作です。 管理人が本音で感想を語っていくので購入を考え …

【MHW】弓のオススメ防具構成を紹介!体術5、弱特3、属性会心の安定重視。カガチ弓などの属性武器にどうぞ。

『モンスターハンター ワールド』今回は弓用のオススメ防具を紹介します。 本記事で紹介する弓構成は体術Lv5が付いたものです。 体術Lv5を取り入れることでチャージステップのスタミナ消費が減り、立ち回り …

『モンハンワールド』新たなダウンロードコンテンツの紹介映像が公開!受付嬢がチュンリーになるぞ!「デビル メイ クライ」のコラボクエは4月27日配信か!?

『モンスターハンター ワールド』YouTubeにて新たなダウンロードコンテンツを紹介する映像が公開されました! 紹介されたDLCの内容は下記の通り。 配信日 内容 価格(税込) 今春予定 狩人の身だし …

【重要】『MHWアイスボーン』約35GBの大容量アップデート“バージョン 10.11”が配信。0時スタート組はインストールを忘れるな!

『モンスターハンターワールド アイスボーン』いよいよ本日24時に狩猟解禁されますが、先程最新のアップデートデータが配信されました。 約35GBの大容量アップデートです。環境によっては非常に時間が掛かる …

【EDFIR】『EARTH DEFENSE FORCE アイアンレイン』評価・レビュー。クソゲーに片足突っ込んだ地球防衛軍5の超絶劣化版!爽快感無し、オンラインまわりも酷く、良いところは殆ど無し。

みなさんこんにちは。 今回は本日発売された『EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAIN(地球防衛軍 アイアンレイン)』の感想、レビューをおこなっていきます。 先に結論から言うと、アルテ …

モンハンレビュー
キングダムカム
マリオレビュー
サムスピのレビュー
EDFIRのレビュー
レフトアライヴ
アンセムレビュー
Apexのレビュー

当ブログ「まじっく ざ げーまー」のテキスト、画像などの内容をまとめサイトやキュレーションメディアへ無断で転載することを固く禁止します。