モンスターハンターワールド

【MHW】『モンハンワールド』香港チャンピオンシップ優勝者に贈られる腕時計の動画が公開!トゥールビヨン搭載で格好良い。

投稿日:

『モンスターハンター ワールド』2018年8月19日に香港で行われる「香港チャンピオンシップ(日本でいう狩王決定戦)」の優勝者に贈られる腕時計“MHW TOURBILLON WATCH”の動画が公開されました。




トゥールビヨン搭載の腕時計で、高級感溢れるデザインとなっています。

トゥールビヨンとは

機械式時計において、内部の一部の構造全体を回転させることにより、姿勢差による系統的なズレをキャンセルし克服する機構ないしそれを採用した時計、及び特にその中心部であるそのような脱進器のことである。「ツールビロン」「タービロン」とも呼ばれ、フランス人時計師アブラアム=ルイ・ブレゲの発明がその嚆矢とされている。

部品の点数が増える、各部品を極めて軽くかつ高精度に作らなければならない、微妙な調整が必要で組み立てに高度な技術を要求される、1本製作するのに長い時間がかかるなどの理由で、トゥールビヨンは非常に高額であった。そのため長らく、パーペチュアル・カレンダー、ミニッツ・リピーター等と並ぶ最高級機械式時計の代名詞のひとつとなっていた。

しかしながら2000年以降、生産技術の発展等により量産され10万円未満で入手可能になるなどコストダウンの方向に進んだトゥールビヨンも現れ、他方、高級モデルの中にはキャリッジを立体的に回転させるものも現れるなど、多様化が進んでいる。

※wikipediaより引用

今回のコラボ腕時計作成を担っているのは“メモリジン”という香港の腕時計ブランド。

“メモリジン”について調べてみたら、今回のモンハン以外にも数多くのコラボ(アイアンマン、ガンダム、スターウォーズ他多数)を手掛けていた凄いブランドでした。

トゥールビヨンというと大金持ちしか買えない超高級腕時計という認識でしたが、“メモリジン”はそういった裕福層以外の一般層にもトゥールビヨン腕時計が手が届くようにしたいという想いから市場に参戦したそうです。

価格を調べてみたら、50万円ほどで買えるものも存在していて、確かに一般層でも買える価格でした。(ニートの自分には手が出せませんが)

国内の公式サイトも存在していたので、興味があれば下記のリンクよりアクセスしてみてください。

リンク:『メモリジン』日本公式サイト

上記リンクから「コレクション」→「全てを見る」→「Special」とリンクを辿っていくとコラボ腕時計のデザインを見ることが可能。

ガンダムのコラボ腕時計は正直ダサかったのですが、アイアンマンの腕時計は格好良かった。

-モンスターハンターワールド

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『ストリートファイター5』モンハンコスチュームを使用した対戦動画の紹介。キリンいぶきが可愛いぞ。

YouTubeにて『ストリートファイター5』モンハンコスチュームを使用した対戦動画が公開されていたので紹介します。 いぶきのキリンコスチューム、かなり良いですね。 ケンのリオレウス装備も良く出来ていま …

【MHW】俺に守れないヤツはいない。サポート特化の片手剣装備『白騎士ドスモス』の紹介!「キノコ大好き」スキルも解説します。

『モンスターハンター ワールド』今回は片手剣装備の紹介です。 味方のサポートに特化したスキル構成になっています。 仲間への強化・回復の回数は脅威の3桁超え。 まさに味方を守る「白騎士」ですよ。 では、 …

【MHW】マヒ操虫棍『エアリアルロッドⅡ』運用構成の紹介!会心撃【特殊】、麻痺属性強化Lv3、弱特Lv2の発動が可能。

『モンスターハンター ワールド』今回は操虫棍の中で唯一の麻痺属性武器「エアリアルロッドⅡ」を運用するための装備紹介記事です。 この装備をオンラインプレイで運用してみましたが、4人マルチだと2回マヒらせ …

【MHW】『モンハンワールド』上位クエストの解放タイミングを紹介。装飾品、強力な上位装備などが解禁されます。

『モンスターハンター ワールド』遂に上位ハンターになったので、解放タイミングや追加要素を紹介していきます。 プレイ時間は19時間。 寄り道無しなら15時間程度で上位へいけそうですね。 自分は装備を作っ …

【MHW】『モンハンワールド』大剣と太刀の新連携アクションが公開!太刀は“居合斬り”が格好良いと好評。

『モンスターハンター ワールド』9月6日に発売される“アイスボーン”で使用可能になる新規連携アクションの情報がツイッターにて公開されました。 今回公開されたのは大剣と太刀の2種類。大剣のほうは以前の生 …

GW紹介記事 『GODWARS 日本神話大戦』の紹介記事を海外メディア「Gematsu」さんへ寄稿しました。
EDFIRのレビュー
div2レビュー
トライアルズライジング
レフトアライヴ
アンセムレビュー
MTGアリーナレビュー
ニュードン
Apexのレビュー

当ブログ「まじっく ざ げーまー」のテキスト、画像などの内容をまとめサイトやキュレーションメディアへ無断で転載することを固く禁止します。