共闘ことばRPG コトダマン

『コトダマン』3周年なのにやることが全く無い。そして、4月16日からは「進撃の巨人」第2弾コラボが開催。

投稿日:

『共闘ことばRPG コトダマン』現在3周年イベントが開催されているわけですが……

全くやることが無いですね。

ない

3周年ガチャは90連してコンチェルト3体だったので、ノーワードには挑めません。じゃあ他に何やるかって言ったら、クイズクエストしかやることねえ!

冷静に考えて、スッカスカですね、3周年。どうしてこうなった。どうしてこうなった。まあやることないならやらないだけで、そのぶんロマサガRS触るんでいいんですけど、ちょっとアニバーサリーとしては悲しくなるようなスカスカ感です。

バトルのテンポ改善は良いし、クイズクエストも今後問題数を増やしたり、ジャンル別でカテゴリを作るとかしたらもっと面白くなりそうな感じはしますが、3周年イベント自体は全くやることがないです。

残念です。

そして、4月のコラボタイトルが発表されました。

なんと、『進撃の巨人』コラボ第2弾です。


コラボ期間:4月16日16:00~4月30日15:59

個人的にはパンチの弱いタイトルが来てしまった。出来れば新規タイトルが良かったんだけどなあ。まあ世間的にはインパクトのあるタイトルでしょう。確か最終回を迎えたんですよね。

しかし、産廃の旧ミカサがどれだけ強化されるのか見ものです。

第1弾のキャラも復刻されるので、上方修正は間違いなくおこなわれるでしょう。

ミカサは第2弾では雰囲気が変わっていますね。進撃は最初のほうしか見ていなかったので、ストーリーで何が起きて、こんな雰囲気になったのかは気になります。

↓これが……

第2弾では↓こうなる

目から輝きが消えているぞ。

さて、自分は3周年に手持ちのガチャ石突っ込んだので、多分今回は天井無理かな。3周年イベントパネルで5000個+進撃イベントでどれくらい貰えるかだな……。

今回の記事は以上です。いつもどおり、コラボガチャはキャラ評価記事を書く予定です。

関連記事

-共闘ことばRPG コトダマン

執筆者:


  1. 匿名 より:

    今回のレジェンドガチャ、ダセットも対象に含まれているのでゴットフラッシュ来た!と思ったら、まさかのダセット…
    初回ゲットなら素直に喜べたのですが、被りなので、なんとも言えない感じになりました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『コトダマン』破滅級“鬼舞辻無惨”、鬼滅キャラが揃っていれば攻略は流石に楽勝でした。新規プレイヤーも手持ち次第で満福目指せます。

『共闘ことばRPG コトダマン』本日より挑めるようになった鬼滅コラボの降臨“鬼舞辻無惨”に挑んできました。 結果、楽勝でした。 自分はあまりにもキャラが揃いすぎていた。 ↓のような鬼滅キャラデッキを作 …

『コトダマン』マルコ攻略。難易度は高く、二番手は責任が重大です。咎人ココロなら「こうごきゅう」「ぼうえきこう」で攻めろ!手持ちが少ないならトゲガメインのデッキ作りをしよう。

『共闘ことばRPG コトダマン』今回は、マルコ攻略について語ります。 あまりにマルチの失敗が多すぎるので、攻略情報の周知徹底を図りたい。200段は超えている咎人ココロのリーダーでも変な立ち回りする人が …

【4月1日】『共闘ことばRPG コトダマン』が配信間近にして路線変更、『恋愛ことばSLG コトダメン』に!!

4月16日にiOS/Androidで配信予定のスマホアプリ『共闘ことばRPG コトダマン』ですが、ここに来てジャンルを変更し『恋愛ことばSLG コトダメン』になることが本作プロデューサーの中村たいらさ …

『コトダマン』クシナダ攻略デッキ紹介!アーサー持ちの既存プレイヤーなら楽勝だと思う。ルシファーの降臨率も高めか?

『共闘ことばRPG コトダマン』今回は、本日が初降臨となった“クシナダ”の攻略デッキを紹介します。 本記事は管理人のデッキを紹介するだけなので、初心者向けではないです。というか、モンスト新規の人はクシ …

『共闘ことば RPG コトダマン』「進撃の巨人」のコラボPVが公開!イベントは2月7日より開始。

管理人が絶賛プレイ中のスマホアプリ『共闘ことば RPG コトダマン』ですが、本日「進撃の巨人」とのコラボPVが公開されたので紹介します。 イベントの開始は2月7日のメンテナンス終了後からです。 コラボ …

文章
漢検合格
サイバーパンクのレビュー
ゼノリボーンレビー
龍如7
pokemon300
rmag3rebyu
Apexのレビュー
モンハンレビュー
EDFIRのレビュー

当ブログ「まじっく ざ げーまー」のテキスト、画像などの内容をまとめサイトやキュレーションメディアへ無断で転載することを固く禁止します。