映画を語る

『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』リメイク映画版感想。ジブリみがすごくて面白かった。サザンクロス隊の掘り下げが無さすぎたのがBAD。小説版を読むべきか?

投稿日:

本日10月1日、『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』アマゾンプライムビデオで無料配信されたので早速視聴しました。

先日の記事でも書いた通り、本作を視聴するにあたってファーストガンダム版の『ククルス・ドアンの島』も視聴済みです。

ファーストガンダム版の感想は関連記事参照。

関連記事

では、リメイクされた映画版の感想をチョロっと語りたいと思う。
ネタバレ有りなので未視聴の方は注意

個人的には、そこそこ面白い部類には入ります。★5段階で評価するなら★3.5くらいでしょうか。そんな映画でした。

とりあえず思ったのが、“ジブリみ”が凄い。

ガンダムをジブリ化したらこんな感じになるのかなってくらいのジブリ感がありました。

とはいえ、モビルスーツ戦はしっかりガンダムしています。でも、その戦闘シーンが少なかったのは残念。どっちかというと人間模様に重点が置かれています。

サザンクロス隊が出てきた場面の戦闘シーンは良かったです。アレくらいの戦闘シーンをもうちょっと長く見たかった。

あとは、そのサザンクロス隊の掘り下げが無さすぎるのがBAD場面だった。

隊長(エグバ・アトラー)や女性キャラ(セルマ・リーベンス)は、ドアンとは深い関係がありそうだったのに、そこらへんの確執だとか背景が全くと言っていいほど語られなくて散っていったのが残念だった。

ジブリシーンを薄めにして、もうちょっとサザンクロス隊に焦点を当てても良かったのではないかと思う。

公式サイトのセルマのキャラ紹介では、以下のように紹介されている。

サザンクロス隊のひとり。
元隊長のドアンに対して、エグバとはまた違った意味で思いを残している。

その思いが映画内で特に語られることは無かったんだが……?

後半、アムロが躊躇なく敵をブッ殺すのは、これ戦争なのよねと思い知らされた。あれ、明確に映してはないけど踏み潰したのかな?結構エグいことやってのけましたね、アムロ。

ドアンの石投げ?は弱体化されて笑った。アレはとりあえず入れとけみたいな感じでしょうかw

そして、ラストのエグバ隊長と二刀流アムロの一騎打ち。

エグバ隊長がもろに白兵戦での戦いを挑みましたが、アムロは冷静に受けにまわってバルカンで足止めしてぶった斬るという勝てばよかろう非情ムーブで勝利。これ戦争なのよねと思い(以下略

正々堂々近接戦でやり合うと見せかけてのバルカンは予想外過ぎた。あまりにも冷徹過ぎて笑いましたね。

そして最後の最後。原作でも印象深いあのセリフが出てくる。

アムロ「ククルス・ドアン。あなたの身体に染み付いている戦争の匂いが戦いを引き寄せるんじゃないでしょうか。」

これはひょっとして

やっぱり

投げるのかー!!

映画版でもザク投げて解決だー!!!

↑のアムロのセリフが出たとき、自分はメチャクチャワクワクしてしまいました。やっぱり最後は“投げる”のかと。そのセリフのあとにしっかりザクを投げたので、予定調和で爆笑してしまった。

40年ぶりにリメイクされてもオチがザク投げは凄い。

自分は当初、「ククルス・ドアンの島」というのは名作だからこそ今もなお語られている話だと思ったのですが、前回のコメント欄で“ネタ回”だったことを教えてもらいました。

旧版は鼻が長くてその他も色々バランスが悪かったり、岩投げたりとネタ的な意味で有名なだけで名作として有名なわけじゃないですよ

※前記事のコメント欄より

そのネタ回を、巨額の制作費をかけてまで40年ぶりにリメイクした結果、最後はやっぱりザク投げで終わらせるところが凄いと思いました。素直に“やるな”と思いました。

良い意味で何も変わってないというべきか。原作版のリスペクトがなされているというか。

なんかすげーリメイク作品を見せられた感じがします。

ちなみに『ククルス・ドアンの島』はツイッターで検索したところ、小説版があるらしく、この小説版ではサザンクロス隊のエピソードが掘り下げられているそうです。『ククルス・ドアンの島』をすべて楽しむなら小説版も読む必要がありそうです。

それくらい、映画版だとサザンクロス隊の掘り下げが無かったです。

感想としては以上!全体的に見れば面白い作品でした。

-映画を語る

執筆者:


  1. マーク より:

    私も早速観ました。結局投げ捨ててましたね笑
    ネタ回だった話をある程度意味のある話に再構成されてて楽しかったです。最新作画でぬるぬる動くガンダムとその殺陣に興奮です。この前のハサウェイもそうですけど、もっと長く戦闘シーン見たいですよね。作画大変なのかな。

    • 管理人mtg より:

      戦闘シーンは日常パートよりも段違いでお金かかってそうなので、そこらへんは仕方ないですかねえ。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【映画】『ミッドサマー』感想。雰囲気に釣られて最後まで観てしまった。面白くはない。ただの“文化の違い”だと思いました。

アマゾンプライムビデオで映画『ミッドサマー』を視聴しました。 Amazonにアクセスしたらオススメみたいな感じで視界に飛び込んできたのがこの映画だった。あらすじを見て“とあるマンガ”を思い出したので、 …

【アマプラ】『シン・エヴァンゲリオン劇場版』8月13日からアマゾンプライムビデオで早くも配信決定!

今年の3月8日に公開された映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』ですが、8月13日にAmazonプライムビデオで配信されることが決定しました。 アマプラの公式ツイッターで紹介されています。 【 重大発表 …

【映画】『テネット』感想。インターステラー並の作品を期待したが、最初っから最後まで置いてけぼりだった。ここまで理解が難しい映画は初めて見たかも。

Amazonプライムビデオに『TENET(テネット)』が来ていたので視聴しました。 この作品は『インターステラー』の“クリストファー・ノーラン”監督作品です。 インターステラーを視聴したとき、この映画 …

『初代ガンダム』有名な「ククルス・ドアンの島」を見た感想。10月1日にプライムビデオでリメイク版が来るから視聴したものの、意味が……。

初代『機動戦士ガンダム』第15話「ククルス・ドアンの島」を初めて視聴しました。 何故このエピソードを見たかというと、もともとこのエピソードの名前は結構耳にしたことがあって有名な話なんだな(内容は全く知 …

【映画】『CUBE』邦画リメイク版感想。余計な味付けが酷かったが、元が名作なので意外にもボチボチ楽しめた。

邦画『CUBE 一度入ったら、最後』をアマゾンプライムビデオで視聴したので、少し感想を語ります。 この映画、発表当初は結構話題になっていた記憶があります。なんせ、洋画の名作『CUBE』をリメイクした作 …

当ブログ「まじっく ざ げーまー」のテキスト、画像などの内容をまとめサイトやキュレーションメディアへ無断で転載することを固く禁止します。

FF14権利表記:(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.