FF14

『FF14』新生編終了!イシュガルド到達。憧れの占星術師になりました。ストーリーは展開が凄かった。

投稿日:

【FF14】蒼天のイシュガルド到達

『ファイナルファンタジー14』プレイ日記です。

つい先程、ついに新生編のクエストを終わらせて蒼天のイシュガルドに突入しました。

長かった……マジで長かったな……。

ちょっとダイジェストでお届けします。

新生編~蒼天のイシュガルド突入までのネタバレを含んでいるので、未プレイや新規プレイヤーの方は絶対に見ないでください。

では、いきますね。前回の続きから。

前回のプレイ日記

イシュガルド防衛戦を終わらせ、戦勝祝賀会のクエストを受注しました。

自分の予想としては、これでみんな仲良くなって大団円。ワイワイみんなでイシュガルドに行くぞ~!!

……って流れだったんですけど

全然違うやんけ。

ムーンブリダに続き、ナナモまで死んじゃったんだが……?

みんなで酒呑んで盛り上がって、そして夜が明けてワイワイイシュガルドに行くんちゃうんか……!!そういうドラクエ的なアレじゃないんか……!!

ちくしょう。こいつらハメやがったな。

アイメリクさんはメチャカッコイイ。アイメリクが蒼天のイシュガルドで活躍するキャラなのは間違いない。ここで断言しておく。

テレジ・アデレジがラウバーンを煽る。凄いイラつく顔していて笑った。

そして激昂したラウバーンに斬られる。これはアデレジが流石にアホかと思いました。なんでこんな無駄な挑発をしたのか……。

その後、ラウバーンがイルベルドに簡単に腕斬られて驚く。欠損描写って家庭用ゲームではまず見られないから、そこに驚きました。血が全く出ないことにも驚いたけど。


そして多くの味方を犠牲にしてドラゴンヘッドに逃亡。

イダ、パパリモ、ヤシュトラ、サンクレッド、ミンフィリアの安否は気になるが、ミンフィリア、ヤシュトラ、サンクレッドは間違いなく生存している。何故ならオンラインストアに“ニュー”というコスチュームが売っているから。

これは多分、あとで再会したときに新コスチュームで現れるヤツです。なんか成長した感じになって再会する系のアレだと予想します。

↓アルフィノが闇堕ちでもするのかと心配になったシーン。


しかし、気を持ち直す。良かった。そしてスタッフロールが流れました。

自分の予想していたワイワイ祝勝会とは真逆の血の惨劇で幕を下ろした新生編でした。

▲ 裏切り者のデパートかよって言いたくなる展開。

そしてイシュガルドへ……。



もしリアルタイムでプレイしていた場合、ここから蒼天のイシュガルド発売されるまでのワクワク感みたいなものは凄まじかったんでしょうね。そこに立ち会えなかったのは残念です。

蒼天のイシュガルドがリリースされたのは2015年6月。自分が体験したここまでのストーリーでも遥か昔の出来事っていうね。FF11なら“ジラートの幻影”に入ったところだと考えると、FF14のボリュームたるや。流石に9周年を迎えたゲームだけある。自分が現在プレイしているところは全体で見ればまだまだ序盤もいいところだろう。

さて、自分はリアルタイムでプレイしていたわけではないので、そのまま速攻で蒼天のイシュガルドコンテンツに入ります。

占星術師を目指して。


▲ 雰囲気を完全無視した水着でイシュガルド入りをしてしまう。

▲ 新しいエーテライトを触るのも超久しぶりです。

イシュガルドに入った時点で占星術師のクエストが発生しているのを確認したので、メインクエストは中断。占星術師のクエストを進めました!

このためにメインクエストを進めていたわけですから当然です。

そして念願の占星術師になりましたよ。

レベル30からのスタートでした。

早速IDに潜りましたがレベル30未満のダンジョンだったため、ドローは使えなかったです。つまり、まだ占星術師らしい立ち回りは出来ない段階です。

レベルを上げていって、ドローの使えるIDに潜れるようになったら楽しくなるだろうか。

とりあえず、ここからはIDに通いまくって占星術師のレベリングをします!!

ちなみに“何で占星術師を目指したか”というと、復帰直後の読者さんのコメントの影響です。

サポート寄りのヒーラーということでしたら学者・占星術師がおすすめです。
とっつきやすいのは学者ですが、占星術師は癖が強い分使いこなせばヒーラーの中でも断トツのサポート性能を発揮します。

一応DPS枠でのサポートとしてはウメハラさんも使ってる吟遊詩人がおすすめですね。
スキル回しをきちんと出来れば常に味方の火力の底上げが出来ますし、忙しい分PT貢献度の達成感は高いですよ。

ちなみに来週23日から公開されるパッチ6.2で蒼天のイシュガルド(3.X)までのメインクエストのダンジョンにはコンテンツサポーター機能が付加されるので、他人とマッチングせずソロでのプレイが可能になります。
8人コンテンツの討滅戦などは対象外になってしまいますが、DPSでもとっつきやすいかと。

※過去記事のコメント欄より

“占星術師は癖が強い分使いこなせばヒーラーの中でも断トツのサポート性能を発揮します。”これを見て、ハードコアゲーマーの自分がプレイするなら占星術師だろ!と思ったのです。

果たして自分に占星術師を扱いきれるのか。レベルが上がるにつれて使用アクションが膨大に増えそうで、そこはパッドプレイで危惧しているところだが、頑張ります。

今回の記事は以上!!

しかし、ストーリーは本当に良かったです。飛ばしたりだとか冒険録を買わなくて良かったと思います。引き止めてくれた方に感謝。

-FF14

執筆者:


  1. 匿名 より:

    占星やったことないですが、だいたいどのジョブもマクロ使えばホットバー節約できますよ。
    例えば“タゲが敵なら攻撃魔法、味方なら回復”というマクロなら攻撃と回復が同じボタンで出せます。
    突き詰めるとかなり圧縮できますが、エンドコンテンツだとマクロによるコンマ何秒のわずかなタイムラグを嫌う人がいるので『このマクロが最強』というものがありません。
    よって、自分と同じプレイスタイルの人が書いたマクロ紹介記事を参考にすると良いです。

    • 管理人mtg より:

      >>例えば“タゲが敵なら攻撃魔法、味方なら回復”というマクロなら攻撃と回復が同じボタンで出せます。
      そういうマクロもあるんですね。それはそれでかなり頭が混乱しそうではありますw
      しかし、今後やり込んでいくならそういうマクロも使いこなさないといけないのですかねえ。

  2. 匿名 より:

    可能なら何処かのタイミングで新生のコンテンツ「大迷宮バハムート」を踏破したほうがいいかもしれません。
    “なぜ第7霊災で人類や土地が滅亡せず記憶だけが消えたのか、ルイゾワ様はどうなったのか?”等のストーリーが明かされるので。
    特にルイゾワ様に依存して“暁”には皮肉を言っていたアリゼーの性格が一変するほどの成長ストーリーなので、これをやらないと何処かのタイミングで「あれ?こんな性格だった?」と違和感があるかもです。

    当時はエンドコンテンツですが制限解除機能を使えば好きなレベルで、1人でもクリアできます。
    が、今の管理人さんのレベルでは流石にソロではクリア出来ないので難しいですね…。

    • 管理人mtg より:

      調べたところ、ちょうどそのコンテンツに挑める段階のようでした。
      バハムートはなんか層に分かれていて難しいコンテンツだったのはプレイしていなくても小耳に挟んだことがありますが、それがこのことだったんですね。

  3. amo より:

    自分もついこの前に一気にクリアしたのでリアルタイムではありませんでしたが、拡張を待たずに一気にプレイできるのはいいですよね笑
    ここらへんのストーリーは暁の不在により、NPCとの出会いがより大切になるのが感慨深いですね

    • 管理人mtg より:

      >>拡張を待たずに一気にプレイできるのはいいですよね笑
      ここはメリットですよね。
      この手のはアニメ「進撃の巨人」や海外ドラマ「ボーイズ」でも体験しました。後続なぶん、待ち時間無しで一気に楽しめるのは良いです。まあこの2つは完結してないのでアレなんですけど……。

  4. JIN より:

    イシュガルド到達、本当にお疲れ彼さまでした。
    そして、占術就任おめでてとうございます。

    新生の終わりからイシュガルド導入は怒涛の展開で本当に盛り上がりました。
    ストーリ的には今までがチュートリアルであり、ここからが本番と言えます
    アイメリクをはじめとした魅力的なNPCも本当に素晴らしいです。

    他の方も言われていますが、FF14には、「エオルゼアトレーラームービー」とよばれる
    新生蒼天紅蓮漆黒暁月それぞれにOPムービーのようなものが用意されているのですが、
    これも非常にクオリティーの高いものとなっていますので、蒼天のを一度見ることをお勧めします。
    下記のようにゲーム内でも見れますが、YouTubeを検索すると早いかもしれません。
    ※紅蓮以降は激しいネタバレとなってしまいますので、それぞれ到達まで我慢を…

    おっしゃる通り、占術はLv30ではまだまだ亜流白という感じです。
    本領発揮はLv50からですので、ちょっと長いですがそこまで頑張ってください。

    私もパッドプレイ派で、占術も使用していますが、難易度はかなり高いです。
    4人IDでは、逆に適度に忙しくサポートができ楽しいのですが、
    8人討滅では、ギミックをよけながら全員のHPを管理しながらサポートを切らさないのは大変です…
    私はあきらめて白学者を討滅で出していますので、管理人様はぜひ頑張ってください

    冒険録で飛ばさないでよかったといえるほど、ストーリーを楽しんでいただけたようでよかったです。

    • 管理人mtg より:

      ありがとうございます。
      ここまでがチュートリアルなんですねw

      先程Lv45まで上げたプレイ記事をアップしました。Lv50でアストロダインを覚えてからが本番ですかね。
      Lv45でも個人的には忙しいですw

  5. omatsu より:

    パッド操作だとR1で切り替えながらですかね?
    キャラクターコンフィグ→ホットバー設定→XHBカスタムで操作の拡張できるので、自分に合った設定を探してみるのもよいですよ

    レベル上げはPvPでも経験値入るけど、低レベル帯だと微妙かな?
    マウントなどの報酬もあるし、選択肢として頭に入れとくのありかと思うので一応
    ちなみに報酬もパッチ毎に変わりますので

    • 管理人mtg より:

      戦闘中のR1切り替えはほとんど使っていませんね。R1切り替えを使うのはテレポデジョンチョコボとか使うときだけです。R1切り替えの立ち回りは頭混乱しそうで、それならマウス併用のほうがいいのかなと思ったりしています……。
      白魔道士のとき、迅速魔レイズだけR1切り替えの別コマンドリストに入れてたんですけど、味方死んで迅速魔レイズ使ったときに切り替え忘れてスキルが使えないぞって混乱した事件がありました。

      アドバイスありがとうございます!

  6. 匿名 より:

    冗談抜きでここから更に更に良くなるんですよね。
    目一杯楽しんでください。

  7. 匿名 より:

    イシュガルド入り&占星術士就任おめでとうございます!
    当時は新生が終わってから、蒼天のイシュガルドが始まるまでに何ヶ月か期間が空いたので、しばらくはモヤモヤしていましたよ笑

    ウメハラさんのときも周りに言われていましたが、
    蒼天のイシュガルドには専用のオープニングがありますので
    イシュガルドのストーリーを進める前に見ていただくことをオススメします。

    見るにはFF14のオープニング画面にある項目で「MOVIES」を選び、
    「HEAVENSWARD(蒼天のイシュガルドの英名)」を選んでください。

    • 管理人mtg より:

      ありがとうございます!
      何ヶ月も期間が空くとムズムズしそうですねw
      でもそれだけに盛り上がりは凄かったんですよね?終わり方が終わり方だっただけに。

      蒼天のストーリー進めるときはムービー見てみますね!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【急募】『FF14』モグモグコレクションの希少トームストーン使い道についてアドバイス求む!カムイの魔笛か、マウント移動速度の上がる地図か……。

『ファイナルファンタジー14』今回はちょっと質問です。 モグモグコレクションについて聞きたいことがあります。 コンテンツファインダーで、モーグリのマークが気になって内容を調べてみたら、モグモグコレクシ …

『FF14』蒼天のイシュガルドも終わりが見えてきた。今更だけど、FF14って旧作ファン向けのオマージュ要素多い?そして、踊り子の致命的な弱点に気付く。

『ファイナルファンタジー14』プレイ日記です。日課のコンテンツルーレットを触りつつ、メインクエストを少しずつ進めています。 (今回の記事は蒼天のイシュガルドのストーリーネタバレを含むので注意) 現在使 …

『FF14』8年ぶりに復帰するキッカケをくれたウメハラ選手に感謝を捧げる。まさか、ここまでドハマりするとは思わなんだ……。

『ファイナルファンタジー14』8年ぶりに復帰して、ドハマりしています。 正直、読者の人からしたら、自分が復帰するかどうか悩んでいるときに実際復帰するなんて思っていなかっただろうし、復帰してこんなにハマ …

『FF14』超久しぶりの4人PTプレイ、メチャ面白かった!味方の命を握るヒーラーのプレッシャーが心地良い。そして、MIP推薦が“煽り”だと勘ぐってしまった話。

『ファイナルファンタジー14』前回の復帰プレイ記事のコメント欄にて、新たなアドバイスをいただきました。 そのアドバイスとはコチラ。 あとは詩学貯まっていたらモードゥナでIL130装備交換しとくといいで …

『FF14』角川さんブチ切れ?“シャークMPK戦士”に関する異例のお知らせを公開。「当該のフリーライターには7年ほど前から仕事の依頼はしていない状況」「ファミ通及び株式会社角川KADOKAWA Game Linkageは一切関与しておりません」

『ファイナルファンタジー14』KADOKAWA Game Linkageの公式ツイッターにて、異例とも言える声明が出されました。 本題に入る前に、ここに至るまでの流れを簡潔に説明します。発端はVTub …

文章
漢検合格
ポケモンアルセウスレビュー記事
masutaduelレビュー
サイバーパンクのレビュー
ゼノリボーンレビー
龍如7
pokemon300
rmag3rebyu
EDFIRのレビュー

当ブログ「まじっく ざ げーまー」のテキスト、画像などの内容をまとめサイトやキュレーションメディアへ無断で転載することを固く禁止します。

FF14権利表記:(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.