Apex Legends ストリートファイター6

『ストリートファイター6』ストファイ新作で若者の参入は増えるのか?ボンちゃんが語る、格ゲーの未来とFPSの感覚。「本音でいえば増えないでしょうねえ。」「自分たちがやってるゲームが難しいとか言われちゃうとさ、発展しようがないんだよね。」

投稿日:

今回はプロゲーマーボンちゃんさんのトークを紹介します。

『ストリートファイター6』についての話と、何故FPSが流行っているかについて語っていたので今回はそちらを紹介します。

ソース元リンク:ボンちゃんさんのツイッチ配信アーカイブ

コメント:スト6で10代増えますかねぇ

ボンちゃん本音でいえば増えないでしょうねえ。

ボンちゃん「VALORANTとかの若手の盛り上がり方の話を聞くんですけど。ウチの嫁さんレッドブルで働いてるじゃないですか。で、先日のさいたまのアリーナでやったVALORANTのやつもレッドブルスポンサーついてるんですよ。で、会場に見に行った話を聞いてたんですけど、なんか比べ物にならないくらい盛り上がってんですよね、VALORANTって。」

コメント:ヴァロにはおじがいねえから!おじの量で勝ってるから!

ボンちゃん若い女の子たちがキャピキャピやってるみたいな。ワーみたいな。我々の業界では中々ない現象じゃないですか。そういう話聞いてるとスト6っていう、ファイティングゲームコミュニティの新作が出たところでまあ大して変わんねえだろうなと正直思いますね。

コメント:こっちは茶色い声援が飛んでるぞ
コメント:プロとしてそこを盛り上げていってほしい

ボンちゃん「まあ元々ねぇ俺らってこうやれば人気が出るからこうしようみたいなのを苦手としてきた人間たちだから、あんまりそういう行動に対してアクティブなのが出来ないんですよね。それはもう……。ホントは諦めちゃいけない部分なんだけど。」

ボンちゃんだって自分たちがやってるゲームが難しいとか言われちゃうとさ、発展しようがないんだよね。それをね、もっと分かりやすくするのが欲しいところなんだろうけど、そんな簡単なモノって思われるわけにもいかねえなみたいなのもあって、難しいんすよ我々の求められてるモノってね。」

コメント:簡単だよぉでいいと思うんだけどなぁ
コメント:格ゲーとFPSの決定的な違いはオンラインでワイワイやれてる感じがあるかないかじゃない?

ボンちゃん「うーん、それってそもそも個人戦とチーム戦の差でもあったりしますよね。格ゲーのチーム戦ってだって存在しないんだもん。例えばスマブラの2オン2みたいなチーム戦だったらそういうのもなりやすいかなって思ったりするけど……。ゲームがどうこうってより個人戦とチーム戦の差な気がしますけどね。」

コメント:格ゲーってどこまでいっても個人戦だからな~
コメント:格ゲーでは無いですけど辛うじてスマブラ少し居るかなーくらいです…ストリートファイターは名前すら知らない人もちらほら

ボンちゃんストリートファイターって知らない人いるの?流石にビビるわ。え、ストリートファイター知らないあるんだ、いま。やったことない人は腐るほどいるな~思ったんだけど、ストリートファイターって名前を知らないの?結構意外だなあ。これも結構“おじ”出しちゃった?」

コメント:やっぱキャリーできるゲームは始めやすいよ

ボンちゃん「そうかぁ~……。」

コメント:まぁカクゲーは難しいよ。昔友人誘ったけど誰も続かんかったなぁ

ボンちゃん「確かにねぇ。始めたことない人からすると難しいのは分かってるつもりなんだけどねえ。でも俺から言わせるとFPSムズかったけどね。いまもう2年以上やったから色々分かるけど、APEXの話とか。」

コメント:FPSも心折れがちだけど続けやすいんだよな。リスポあるし

ボンちゃん入り口で言えばメチャクチャムズかったけどね、APEXなんて。どうやって上手くなるのっていうのも分からなかったしな。格ゲーでいうコンボ練習とAIMの練習みたいなのって似てるみたいな感じで言われたけど、いや動いてると当たんねえからみたいな。FPSは。なんで続けられたんだろうなあ。」

ボンちゃん「嫁さんがAPEXやってなかったら多分続けてなかったかもしれないね。嫁さんと一緒にAPEXやるって時期があったのよ。週に2、3回くらい。嫁さんと一緒にゲームやるっていうのがほぼ初めての経験で嫁さんが凄い喜んでくれてたのね。“前から同じゲームやってみたかったけど格ゲーがムズくて続けられない。教えてくれるならやりたいけど教えたくないでしょ”みたいな。別に教えるのはいいよwただやれよじゃあって。“ヒィッ”ってw(嫁さんのトークが続く)」

コメント:人気配信者がFPSをこぞってやり始めたのがやっぱり大きいのかな?

ボンちゃん「釈迦さんとかスタヌさんとかスパイギアさんとかね。」

コメント:シューター系は自分が駄目でも味方が強ければ勘違いできるってのは結構大事

ボンちゃん「確かにAPEXの配信やってて、俺は、自分のせいで負けるじゃん?自分のパーティーが。ホントに申し訳ないって思うことが多かったわけ。始めたての頃。それを配信で言ったときに、“格ゲーのキツいところは負けた責任が自分にあること”みたいな、100%自分の責任じゃない、個人戦だから。APEXとかチーム戦でやってるときって責任転嫁が出来るところが逃げどころあるみたいな。その感覚意味が分からなくて最初。逆でしょみたいな。自分が悪くて自分が負けるのって最高じゃん。食らってるの自分だけなんだからさ。」

ボンちゃん「メチャメチャ気がラクじゃない?って思ったんだけど、ああいうチーム戦のゲームは自分の責任でも味方のせいに出来るみたいな、心の拠り所があるのがデカいっていう認識があるらしくて、そんな考え方あるんだーって。」

コメント:自分の責任だけの方がめっちゃ気楽だと思うんだけどな自分は

ボンちゃん俺もそうよ?格ゲーやってる人はみんなそうなんだよね。でもやっぱね、そうはならない人が多いみたいですね。」

コメント:格ゲーは性質上個人戦だけど、強くなるには団体戦という矛盾がハードルを上げてる気がします

ボンちゃん「強くなるには団体戦……?知り合いがいないと強くなれないってこと?そんなこと自体は無いと思いますけどね。っていうのは今って情報もすんげえネットに落ちてるじゃないですか。言っちゃえば俺の配信で~~が上手くて来なくて悩んでいますどうすればいいですかって質問してくれたときにさ、悩み事って解決するじゃん。全部は解決しないよ?解決しないけど、悩んだときに、回答持っていそうな人に聞いたときにまあ答えてくれるじゃない。我々のゲームに関して言うとね。プロゲーマーたちが配信してて質問したときにシカトするプロゲーマーって多分いないでしょ?ちょっと前ステ出来れば強くなりやすいって思うんだけど、前ステのハードルが高いってことかな。

コメント:それは真面目にやってるゲーマーの話ですよ。カジュアルでやりたい人ってそんなもんです
コメント:今はプロからアドバイス貰えるし昔に比べりゃうまくなる土壌は整ってんだよなぁ~

書き起こしはここで切り上げます。詳細はボンちゃんさんの配信アーカイブをご覧ください。
(アーカイブ2:36付近の話題)

ちなみに格ゲーは負けたとき全て自分の責任云々みたいなの、自分には該当しないです。自分もろに相手のせいにして悪態つくこともあるので。「このクソキャラがよぉ~」みたいなこと思ったりするので。普通に相手の使用キャラに負けた責任なすりつけてます。だから、自分の場合、格ゲーとFPSにそういう違いはないです。APEXでも味方のせいにするときあるし、格ゲーのときは敵キャラのせいにすることもあります。

スト6で若者や新規の参入がどれくらい増えるか、ここは蓋を開けてみないことには分かりませんね。

格ゲーは若手が少ないのがデメリットと捉えられがちですが、逆に言えば、オッサンが多いことはメリットになりえるかもしれません。若い女性の香りよりもオッサンの加齢臭が好きな人にとっては良い世界だと思います。

スト6はモダン操作で初心者でも楽しめる仕様になっていますし、過去のストファイよりも遊びやすくなっているから、スタートするハードルは低くなるはず。

あとは自分が過去記事で語ったように、サブ垢初心者狩り対策をしっかりやってくれることに期待です。

以上。

関連記事

-Apex Legends, ストリートファイター6

執筆者:


  1. 匿名 より:

    色んな意見あるけど、単にFPSってジャンルが面白いだけだと思う
    銃を撃つこと自体が滅多にない経験で、憧れに思ってる人も多いだろうし

  2. ななっしー より:

    格闘ゲーム、好きだけど
    対人戦やらないなー、CPUだけ。
    最新のは乱入される(拒否権なし)のでレトロゲーム主流
    誰も恨まない、遺恨残さない、CPU戦サイコー
    ゲームに限らず一番不快な事は、操作を受け付けなくなる事、コンボはされる側にとって最悪

  3. 匿名 より:

    ストレスがー知識がーじゃねえよ
    無料じゃない時点でスタートラインにすら立ってないっての
    無料で友達と喋りながらチーム組んで戦えるってだけで子供は超楽しいのにわざわざ親に頼んでストなんか買うかっての

  4. 匿名 より:

    ストレスの分散マジで重要だよ。
    格ゲーに人が定着しないのはコマンドやらコンボが原因だって言う人いるけど、ワンボタン必殺技や連打コンボとか格ゲー業界色々やってきたけど、結局は立ち回り(知識や意識配分)で経験者との差が全く詰められないので、コマンドやコンボなくしてもあんまり変わらんかったというのが正しい。スト6もコマンド無しのモードあるみたいだけど、多少取っ付きやすくはなるけどこれまでの流れから言ってその程度では新規が続かないのは間違いない。
    キャラのせいにする人はクソゲー言いながらも続けられる管理人みたいな珍しい人もいるけど、同キャラとかキャラランク的に相手が下で負けるとかで、キャラのせいに出来ない場面ってどうしても出るから、だいたいの人はどっかで折れて格ゲーがクソって結論出して呪詛撒き散らしながらやめる。
    FPSはチームメンバーの責任にできるってだけじゃなくて、そもそも負けのストレスが軽いんだよね。
    FPSがストレスの分散が出来てるのはチーム戦だけじゃなくて、バトロワ系だったとしても負けたのは自分だけじゃないし、順位がつくタイプなら死んでようと最下位以外は誰かしらには「勝ってる」から完全な敗北感を味わう機会がそもそも少ない。タイマンの格ゲーは誰がどうみても問答無用で白黒つけられるので受けるストレスがまるで違う。
    このあたりはスマブラもFPSと同じ構造で、スマブラが普通の格ゲーよりカジュアルに続けられるのはコマンド云々より本当はそれがデカい。
    ギルティもそれ真似ようとイスカっての出したけど、真似たのは4人対戦って部分だけで、死んだ人は復活なしで残り時間ボーッと生き残ったメンバーの戦いを眺めるだけで、勝者は生き残った1人だけで敗者が3人生まれるというタイマンよりも更に終わってる構造だったし、振り向きがボタンでそもそもプレイしにくかったというのもあるから全く上手くいかなかった。

  5. 匿名 より:

    若者は基本的におじさんのいないところで遊びたがるものだってのも大きいと思う

    格ゲーが独特の知識の積み重ねを必要とすること、
    それゆえにベテランプレイヤーが一線で戦えてること、
    格ゲーブームの世代がおじさんになっていってること、
    これらのスパイラルでより若者が参入しづらくなっていますね…

    格ゲーもかつて日本中のゲーセンの若者を虜にしたわけで、
    ジャンル自体に優劣はないと思う

  6. 匿名 より:

    apexとかvaloが流行ってるのって結局ゲームをコミュニケーションツールとして遊んでるってだけだよね。要はモンハンが流行ったのと同じ方向性。
    格ゲーはどこまでいっても1対1の対人ツール。それが好きだから格ゲーマーやってんでしょ。無理やり流行らせようと思ったらそれはもう格ゲーじゃない何かになってる。

  7. より:

    格ゲーは覚えること多すぎ
    技、コマンド、コンボまでならまだしも、フレームとか特殊な操作とか覚えだしたらきりがない

    FPSはcodの知識がapexでもvaloでも転用できるし、少しゲームの特性を抑えたらすぐ中級者ぐらいまでにはなれる
    apexは特にバトロワだからラッキーで上級者を蹴散らすこともできる

    格ゲーにはそのカジュアル感が全く足りない

    • 匿名 より:

      ひらめいた!
      銃で撃ち合う格闘ゲーム作ったらいいんじゃないですか?

    • 匿名 より:

      〉技、コマンド、コンボまでならまだしも

      ここがもうズレてる
      初心者にとってコマンド出せたら中級者
      コンボ出来たら上級者
      だから格ゲーは流行らない

      スマブラでワイワイやってる人たちはフレームなんて概念自体を考えた事もないだろw

  8. 匿名 より:

    タイミング的にはスト6発売時にプチブームでも起こせれば今の大配信時代いくらでも巻き返せるだろうけどね
    逆に言えばそこで何も起こられなければストじゃ無理かなって

  9. 匿名 より:

    格ゲーってチーム戦でやれるモードないの?
    友達誘ってやってみても大抵腕に差がある状態だからどっちかがボコボコにしちゃってすぐやめちゃうよ

  10. 匿名 より:

    格闘技モノが嫌いな男は少ないと思うんですよ
    例えば漫画では銃よりも剣、拳を武器にしたキャラクターのバトルモノが人気なワケで、そういったキャラクターを操作して戦うゲームって、それだけで面白そう!とならないかな?
    このまま消えていくジャンル、業界とは思えない
    まだ何か、ちょっとした起爆剤で、ある程度は盛り返しそうな気はするんですけどね

    • 匿名 より:

      〉格闘技モノが嫌いな男は少ないと思うんですよ

      実際にスト2やバーチャや鉄拳は流行ったでしょ
      「格闘技のゲーム」だったから

      でもその後に「なんちゃらキャンセルゲーム」や「投げ抜け仕込みゲーム」になっちゃったじゃん
      こんなのどこが格闘技ゲームだよ
      格闘技のゲームをやりたい人は他のゲームに行きました

  11. 匿名 より:

    システム上100%強い奴が勝つ上に難しいとくりゃあ廃れるのは必至だろうな。先代が作った基本のスト2システムから革新を図らず脳死してきた末路だろうな。

  12. 匿名 より:

    >ストリートファイターは名前すら知らない人もちらほら

    まあスマブラの場合は以前プロのあとりえって子が配信で
    言っていたけど「知っているキャラが参戦するからやって
    みようと感じるから流行る。」が、スマブラの強みらしいね
    逆にストシリーズはオリジナルキャラだからどうしても
    カプコンやストをやっていない人は知らないだろうな
    もし新規増やすなら他社のコラボキャラもありなのかな
    モンストもコラボキャラのおかげで関心を集めているし、
    かつて流行ったカプエスみたいにするのが正解かもしれん

    • 匿名 より:

      いわゆるラーニングコストってやつの差だろうなぁ。FPSではトッププロだろうと始めたてのズブ素人だろうと構えて撃つことは出来る。同じアクションはとれるようになってる。
      そこに結果に差異があれど撃つことは出来るようになってる。格ゲーって撃つことすら許さない要素があるじゃん。そりゃ流行らねーよ。

      • 匿名 より:

        FPS「ボタン押したら弾打てます。
        うまくヘッドショットすれば一発で倒せます。
        もちろん上手い下手はありますけど、そりゃゲームですからね」
        格ゲー「弾打ちたかったらコマンド練習しろ。
        コンボ出来なきゃ倒せないから練習しろ」

        格ゲーおじ「なんで格ゲー流行らないんやろなあ。
        そや!FPSは人のせいにできるからや!」

        • 匿名 より:

          責任のなすりつけ先があれば流行ると本気で思ってるのかなぁと不安になるわ。流石にネタで言ってるんだよな?

  13. 匿名 より:

    自分が期待するのは最近apexやvaloばっかりでろくな新作がでないなって状況にうんざりした人がちょっとやってみようかなって参入する事ですね いわゆる空き巣需要的な
    スト6発売時期になんかとんでもないのがリリースされちゃうと厳しいけど

    • 匿名 より:

      格ゲーはもう流行らないよコマンドがいくら簡単になろうが各キャラのフレーム覚えなければ一生擦られて反撃できずに終わるもん
      そんぐらい……って多少やってるやつは言うだろうけどAPEXとか流行ってるゲームはその程度のプレイヤーでも楽しめちゃうんだよなぁ

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

『APEX LEGENDS』シーズン9ゲームプレイトレーラーが公開。3vs3の新モード「アリーナ」や新レジェンドのヴァルキリー、新武器のボセックボウが登場。

『APEX LEGENDS』日本時間5月5日に開幕が予定されているシーズン9「英雄の軌跡」ですが、本日ゲームプレイトレーラーが公開されました。 3vs3の新モード「アリーナ」や、ヴァルキリー(新レジェ …

『スト6』本田ブランカダルシムとかいう初心者駆逐系不人気キャラを継続参戦させる理由とは。ブランカダルシムに至ってはスト5の使用率最下位レベルなのだが。

『ストリートファイター6』ワクワクする最新情報が沢山発表されましたが、そのなかで自分が唯一不満に思っていることがある。 それが、本田ブランカダルシムの継続参戦である。 キャラヘイトの内容になるので、本 …

『APEX LEGENDS』オリンパスのfps低下現象、視野角70にしなくても解決する方法が判明。これはバグじゃなくグラフィックに力を入れすぎたことが問題?

『APEX LEGENDS』現在オリンパスマップで発生しているfps低下現象ですが、それを解決する方法がツイッターで発見されました。 視野角70にすることでも解決するらしかったのですが、視野角70は個 …

『民度がヤバいFPS決定戦』ガンエボ、APEX、ヴァロラント、オーバーウォッチ……頂点に輝くのはどのゲームなのか。

突然ですが、『民度がヤバいFPS決定戦』を開催します。 この記事を書くに至った理由は、一昨日執筆したガンエボトッププレイヤーを取り上げたからです。ガンエボの民度も大概だが、他FPSも結構ヤバいよね?っ …

『APEX LEGENDS』限定バッジ、モザンビークチャームが獲得出来る特別アニバーサリーチャレンジは見逃さないようにしよう。

『APEX LEGENDS』現在2周年イベントが開催されている本作ですが、ちょっと見落としやすい要素があったので紹介します。 それは、特別アニバーサリーチャレンジです。 普段のイベントとは違う場所に記 …

当ブログ「まじっく ざ げーまー」のテキスト、画像などの内容をまとめサイトやキュレーションメディアへ無断で転載することを固く禁止します。

FF14権利表記:(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.