アクション 隻狼

『隻狼(SEKIRO)』評価・レビュー。アクション苦手な自分が続けてるってことは、面白いんじゃないか……?面白いよね?

投稿日:

みなさんこんにちは。

今回は2019年3月22日に発売された『隻狼(セキロ)』のレビューをおこなっていきます。

本作はフロムソフトウェアが贈るアクションRPG。

ダークソウルシリーズは苦手でクリアもしたこともありませんが、購入しちゃいました。ビッグウェーブには乗っておかないとね。
(ブラッドボーンはオンラインの力を借りてクリアした)

ビッグウェーブ

さて……そんなアクションゲー苦手な管理人がプレイした結果は……

スポンサーリンク

ひょっとして楽しめているのか……?

このゲーム、確かに難しい。死にまくっています。

でも、今のところは投げずに遊べている。

自分の中ではメッチャ面白いっていう感情は無いんだけど、なんか続けてしまうね。

これはボス戦のリトライがラクっていうのがあるんだろうな。

ボス前にはしっかりと鬼仏が配置されているので、何度倒されても再戦は素早くおこなえます。
(中ボスっぽいやつは近くに鬼仏は無い)


▲ “鬼仏”は中継ポイント。鬼仏間をワープしたり、隻狼の育成が出来る。

ボスや中ボスは今のところ(強調)”、数をこなして敵の挙動を理解していけば突破出来る難易度です。

赤鬼は1時間以上、鬼形部は2時間近く掛かった気がしますが、そこまでイライラすることはなかった。

▲ 赤鬼。投げ技が強力。

▲ 鬼庭形部雅孝(鬼形部)はパリィが合わせづらい難敵でした。

鬼形部は敵ながら格好良すぎて驚きましたね。こういうタイプのボスキャラって自分は見たことがないのでとても新鮮でした。

いや、馬に乗った敵キャラなんて普通にいますけど、モーションの作り込みが凄いんですよこいつ。メッチャ格好良いので購入していない人はYouTubeあたりでチェックしてほしいです。

鬼形部を倒したときの達成感はかなりのものだった。

自分の場合、ビビリまくるあまりに攻撃後のステップ回避が癖になっていたので、それを抜くように意識したらだいぶ立ち回りが楽になりました。こいつ相手だと余計な回避は悪手じゃね?って途中で気付いた。

鬼形部戦で言えば攻撃後はガード置いたほうが安全だと思います(多分)。

どこがダメでボスに倒されたのか、というのを自分で見つけだして攻略していくからこそ達成感に繋がっているのでしょう。

道中もハラハラドキドキ

ボス戦だけじゃなく、道中もスリルがある。

ボス戦はアクションゲーに特化しているけど、道中はステルス要素も楽しめる忍びゲーという感じがします。

▲ ぶら下がりで敵の目をかいくぐりつつ移動も出来る。

真正面から行くとヤバそうなところはしっかりと裏に回ったりして各個撃破出来るようになっていました。レフトアライヴにも見習って欲しい“攻略の自由度”があるな。


▲ デッカイ蛇が出てくるアトラクション的なところもあるぞ。

個人的に評価したいのは、無駄な落下死が起きないところ。

崖の前で歩いてもそのまま落ちることはありません。ダッシュしてもすぐさま落ちるということもない。崖に向かって1秒ほどダッシュし続けちゃうと落下するという具合。

これはとても親切でしょう。

育成要素

本作は経験値を貯めてスキルを習得したり、忍具を集めて使う技を増やすことが出来る。

難易度が高いと感じても、敵を倒して経験値を稼ぎ、スキルを覚えれば多少は難易度が緩和されます。

特定の忍具が弱点になっている敵もいるので、上手く活用しよう。

※獣は爆竹で大きく怯む。仕込み斧は盾を持った敵に有用等。

まとめ

以上、『隻狼(SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE)』のレビューでした。

先述した通り、メッチャ面白いっていう感情は無いけど、なんか中毒性があって遊べている。普通に面白いってやつかなこれ。

正直自分はこの手のゲームが物凄い苦手なので、簡単に投げるかもな~と思ってました。本作はオンラインで助けを呼ぶことも出来ないしね。

それが、こうやって継続して遊べてるんですよ。なんか自分の中で困惑しちゃってます。

ボスに倒されまくったりしても、今の所イライラしないんですよねえ。

現時点でのレビュー点数は8.5/10とします。

BAD部分は今の所は無し。でも、自分の中で凄い面白いという感情がないので、満点は付けれないです。普通に面白い(良作)、がシックリ来るゲームかなと。

レビューのまとめ
・ボス戦は再戦がラク
・道中はステルス要素も楽しめる
・スキル、義手忍具といった育成要素有り
・各地を移動出来るワープポイントは細かく設置されている
・理不尽な落下死は存在せず、明確なBAD部分は現時点では見当たらない

このゲームは『レフトアライヴ』と違って理不尽な難しさは無い今のところ(強調)”感じております……。

正直、途中で投げる可能性は高いと思いますが、ここまで遊ばせてもらっただけでも買った価値は十分あるかなと思う。

商品リンク
SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE - PS4
フロム・ソフトウェア (2019-03-22)
売り上げランキング: 1

-アクション, 隻狼

執筆者:

関連記事

『コナン アウトキャスト』評価・レビュー。アクション性、自由度の高いオープンワールドサバイバルゲーム!初心者が脱落しないための設定も教えます。

今回は8月23日にスパイク・チュンソフトから発売された『コナン アウトキャスト』のレビューをおこなっていきます。 本作のジャンルはオープンワールドサバイバルアクション。最大で40人のオンラインプレイが …

『妖怪ウォッチ バスターズ2 秘宝伝説バンバラヤー』評価・レビュー。3時間でプレイ断念。面白さが全く見出だせなかった。

楽しみにしていた『妖怪ウォッチ バスターズ2』 酷い出来でした。 3時間プレイしましたが、全く面白くありませんでした。 システムが『スナックワールド』寄りになっているそうで、前作の『バスターズ』とは別 …

【レビュー】ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド スナック感覚で謎解きを楽しめる良質なオープンワールドゲーム。が、操作性は残念。風のタクトでシリーズを投げた管理人による評価。

ブレスオブザワイルドを自身の手で触るまでは、クッソ失礼なんだけどシリーズファンによる過大評価な作品なんじゃないか?と怪しんでいました。 だが、蓋を開けてみれば世間の高評価も納得、良く出来たゲームだとい …

『 DAYS GONE(デイズゴーン)』評価・レビュー。ストーリーは気になるがアクション部分に面白さを感じない。メタスコアの低さも納得の残念作品か……?

みなさんこんにちは。 今回は本日4月26日に発売されたオープンワールドゾンビゲー『 DAYS GONE(デイズゴーン)』の評価、レビューをおこなっていきます。 ……と言っても、プレイは3時間ほどなので …

仁王 評価

仁王 アクション下手でも面白い!二周目もクリアした管理人がレビューします。

今回は世界で100万本を売り上げたダーク戦国アクションRPG、「仁王」のレビュー記事となります。 アクション下手くそ視点でのレビューです。 「仁王」の概要 発売日:2017年2月9日 ハード:PS4 …

当ブログ「まじっく ざ げーまー」のテキスト、画像などの内容をまとめサイトやキュレーションメディアへ無断で転載することを固く禁止します。

FF14権利表記:(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.