ソウルキャリバー6

【格ゲー】『ソウルキャリバー6』海外勢の死体蹴り率は高い。どういう気持ちであんな不快行為やってるの?

投稿日:

『ソウルキャリバー6』ネット対戦してて感じたこと。

このゲーム、海外プレイヤーと当たると死体蹴りしてくるやつ結構多い。

日本人でもたまにいる。

自分が1試合目ストレート勝利して、2試合目で相手が勝つと死体蹴りしてそのまま3試合目行かずに勝ち逃げされたこともある。このパターンは流石にあったまりましたね。

おこる

あまりにイライラし過ぎてパソコンのキーボードに頭突きしました。ナイトメアが使う3連頭突きの要領で。

こういったイライラが発生するので、よほど接戦じゃない限り勝っても負けても1戦で終えるようにしました。2戦目で死体蹴りされて勝ち逃げされるとストレスなので。

倒した時点で勝負決してるのに倒れたキャラクター殴る必要ありますか?下段蹴りとか明らかに悪意あるだろ。

こうやって自分がイライラしてる時点で相手の思惑通りってことなんだろうけどさ。

自分としては相手を倒したあと何もしないことこそが“残心”っぽくて格好いいと思うんだが。相手攻撃しても不快にさせるだけだし。

SC6発売前にSEAM2018でソニックフォックスのプレイとか見てましたけど、海外は死体蹴りや煽りムーブが文化になってる感じなんですかね?それが日常かのように死体蹴りをしています。



倒れたキャラに攻撃していて相手イラつかないのかな?と思いながら見てました。死体蹴りしてるときのソニフォがめっちゃニヤニヤしてて流石に笑いました。

笑い方がゲス過ぎるでしょw

この死体蹴りが出来る時間って明らかに不要だと思う。勝ったあと倒れたキャラにわざわざ追い打ちかける意味が分からん。

例えば老衰で亡くなったおばあちゃんがいたとします。そこに蹴りを入れますか?それと同じです。

おばあちゃん
おかしい

ソウルキャリバー6自体は楽しいんですけど、この文化はどうにも理解できん。

……まあ、自分の作ったオリジナルキャラクターが蹴られる原因になっているかもしれません。


ちょっと気持ち悪い外見なので……。

ではでは。

蹴りたい背中 (河出文庫)
綿矢 りさ
河出書房新社
売り上げランキング: 27,823

-ソウルキャリバー6

執筆者:

関連記事

【SC6】『ソウルキャリバー6』攻略。強行動“リバーサルエッジ”、“ガードインパクト”に対する策を紹介。慣れてきたプレイヤー同士で起こる読み合いの面白さ!択を増やすことが大切です。

『ソウルキャリバー6』攻略。 ベータテストは終わってしまったのですが、製品版用も兼ねて最後の攻略記事を書きます。 (本当は夜に公開する予定でしたが、停電一閃を食らったのでベータテスト中に投稿できず…… …

『ソウルキャリバー6』ソフィーティア攻略。コンボ、主要技、対戦する際の注意点を紹介。敵ソフィーティアのリバーサルエッジは“K”を警戒せよ!

『ソウルキャリバー6』攻略。今回は“ソフィーティア”の紹介です。 ショートソードを扱うキャラなので射程距離の短さが弱点だが、エンジェルステップを活かした機動力、盾を使ったガードインパクト技が魅力となる …

『ソウルキャリバー6』キャラクリで「ベルセルク」のキャスカを作ったのでお披露目!他プレイヤーがアップロードしたオリキャラ15体も紹介。

『ソウルキャリバー6』プレイ日記。 今回はマンガ「ベルセルク」に登場するキャラクター“キャスカ”を作ったので紹介します! マンガを題材にしてキャラクリしようと思って最初に浮かんだのがキャスカでした。そ …

『ソウルキャリバー6』キャラクリ記事第5回。管理人新作“モンスターボール”、“チョコボ”とキャラクリ部屋で見た格好いいドラクエ10キャラ等を紹介!

『ソウルキャリバー6』キャラクリ記事第5回。 今回もキャラクリ部屋で見かけた格好いいキャラ、面白いキャラを紹介していきます!! まずは低クオリティな管理人の新作からどうぞ……。 スポンサーリンク 目次 …

【SC6】『ソウルキャリバー6』評価・レビュー。対戦ゲームの面白さは勿論のこと、キャラクリも楽しい!沢山の具材が入った“お好み焼き”のようなゲームです。

今回は本日10月18日に発売された3D格闘ゲーム『ソウルキャリバー6』のレビューをおこなっていきます。 ベータテストで既に面白さの手応えを感じていましたが、製品版もベータテスト同様楽しめます!! では …

pokemon300
rmag3rebyu
Apexのレビュー
ガルカフェのレビュー
モンハンレビュー
キングダムカム
EDFIRのレビュー
レフトアライヴ

当ブログ「まじっく ざ げーまー」のテキスト、画像などの内容をまとめサイトやキュレーションメディアへ無断で転載することを固く禁止します。