RPG グラブルリリンク

『グラブルリリンク』ネタバレ無しクリア後レビュー。買わない選択肢は無い、アクションRPG好きならマストバイの神ゲー!本編クリアまではガチでチュートリアル感ある。

投稿日:

グラブルリリンク。クリア後レビュー。

『グランブルーファンタジー リリンク』本日発売された本作ですが……発売初日にクリアしてしまいました。
※DL版はアーリーアクセスで本日1月29日からプレイ可能。パケ版の発売日は2月1日です。

いや、面白すぎてね。ちょっと休憩入れた以外はぶっ続けでプレイしてエンディングまで突き進んでしまった。

本作は皆さんご存知、スマホRPG『グランブルーファンタジー』を題材にしたアクションRPGです。本家グラブルのキャラクター・装備品・アビリティの概念などを非常に上手く落とし込んでいます。

ここからはストーリーのネタバレ無しで評価を語っていきます。

最初はイベントシーンとか全部スキップしていたんですよ。本家グラブル自体はハマっていた時期もありましたが、ストーリーは飛ばしていたので、グラブルリリンクもストーリーはそんな楽しめそうにないだろうなとスキップしていた。

ちなみにスキップするときには大まかな内容がウインドウで表示されるので、話が全く分からなくなったりすることはない。

漠然と「フーンこんな話ね」って感じでストーリーを進めていった。単純にアクションRPGとして面白かったのでガンガン攻略していきました。自分は剣豪のヨラルダーハを操作キャラとして使用。

▲ アクションRPGとして完成度が高い。

で、終盤になってからはストーリーもジックリ見始めました。雰囲気が緊迫してきたしちょっと試しに飛ばさず見てみるかと。

イベントシーン見てたら「あれ、イベントシーンも面白ぇな」ってなって、終盤からエンディングまでは飛ばさずにジックリ見ていた。

クリア時間で言うと、10時間切っています。自分の場合は9時間23分。
※記事執筆時点での本編クリア率は1.2%でした。トロフィーを参照。

途中でクエストの稼ぎプレイも混ぜたりしたので、ガチでストーリーだけを突き進む(イベント全スキップ)なら8時間切れると思う。

難易度は途中で「ストーリー(最低難易度)」に切り替えました。クリア後の要素も気になっていたので、とりあえず早くクリアしたくなった。

多分本編のボリュームはイベント飛ばさずに見ても20時間に収まるかなっていうくらいのボリューム。

RPGとして見ると短いかもしれませんが、クリア後からが本番って言えるゲームです。単純にやり込み要素としてね。

言ってしまえば本編はチュートリアルと言っていいレベルかもしれない。

何故そんなことが言えるのか?ちょっと語りましょうか。

まず、1キャラにつき武器は6種類用意されているんですけど、自分が使っていたヨダルラーハはクリア時点でも2種類しか見つけられていない。

ダンジョンでの見落としとかもあるかもしれないけど、自分の場合は道中拾うことは無かった。他キャラの武器は道中で見つけられたりしたけど。

強化レベルも75に留まっている。ここから更に強化もできるし、武器自体に追加効果を付与させるとったカスタム要素もある。

また、スキルレベルの数字についても、どれだけやり込みがあるかが分かる。

クリア時点で上げられるスキルレベルは“攻撃力Ⅲ”のジーン(付け外し可能なスキル)でも4あたりまでだった。

……で、このスキルレベルの最大数値はLv50なんですよ。

どんだけ強化出来るねんって鼻水吹くレベル。

多種多様なジーンがあるし、クリア後にもまだ見ぬ新ジーンが出てくるかもしれないので、そこらへんもワクワクする。

“やり込み”という点で見ると、本編を進めている内はまだまだそんな領域に入っていないことがお分かりいだけるでしょう。

フィールドの探索も、寄り道できそうな場所にはしっかりとお宝だったり拾えるアイテムが用意されているのも好感が持てる。

ちょっと視点を動かすと変なところに行けたりして、そこに良いアイテムが置かれたりしてるのナンカイイ。

ちっちゃいカニを集める要素もあるんですけど、コレはマジで見つかりづらいところに配置されているので、コンプ狙うのは骨が折れるはず。

正直、『グラブルリリンク』は開発者の手抜きみたいなのが見えてこないゲームです。マジでメッチャ丁寧に作られているなって思う。

フルボイスだし、そのボイスも動かしているキャラ用にイベント時は個別で用意されている臭いし、マジで作り込み凄い。グラブルマニアの方は全キャラ動かして、キャラごとに変わる特定イベントのボイスを全部チェックするとかやりそう。

自分は神ゲーと評価します。これは本編をクリアしてクリア後に追加される要素も確認したので、言います。

ネタバレになるので別記事で語る予定ですが、とにかくクリア後のやり込みを意識して作られているのが分かる。

キャラクターの成長・カスタム要素としては以下の通り。

育成要素
・レベリング
・MSP振り分けによるキャラクター自身の強化
・武器強化
・武器特性付与
・ジーン集め
・ジーン強化

アクションRPGとして面白いっていう部分が前提としてあって、そこに深いやり込み要素が用意されているのを自分は特に評価したい。

操作感の異なるキャラクターが沢山用意されているし、戦闘で使うアビリティも複数用意されているので、同じキャラでもアビリティセットは人によって異なってくると思う。


オンラインマルチプレイはどうなの?人集まるの?という点についてはクリア後の要素を紹介する記事で語ります。

クエストを指定してマッチングするから人が集まりづらいみたいな問題にならないの?って思うかもしれませんが、心配不要なんです。

本編攻略中にちょろっとマルチやろうとしたけど、一切マッチングしなかったけどね。行きたいクエストも合わなきゃダメだし、流石にみんなストーリー攻略しているだろうしで。それを解決する部分がクリア後にある。

マルチプレイもクリア者が増えればメッチャ楽しめると思う。というかマルチプレイこそグラブルリリンクの本領だと思うし。

▲ 体験版でのマルチプレイ。

味方サポートしたり、リンクアタック合わせたり、奥義合わせたりで、他プレイヤーと共闘するのが楽しいのは体験版で分かり切っている。

まとめに入ります。

アクションRPG好きorグラブル好きならマストバイで良いでしょう。買わないのはヤバいよ?ってレベルかも。

自分自身、まさかクリアまで一気にプレイするとは思わなかった。終盤からジックリ見始めたストーリーもメチャクチャ良かったよ。グラブル知らなくても楽しめた。

グラフィックもボイスもBGMもUIの快適さも、全てがハイクオリティでまとまっていてマジでスゲェゲームだなって思う。

キャラを動かしているときのストレスが一切無いのって凄いことですよ。カメラワークにしたってそう。

プレイしているときに「ここがちょっと」みたいなものを感じなかったのは冷静に考えると凄い。ストーリー中の戦闘も面白いギミックがちょいちょい出てくる。ボス戦は飽きないですよ。

こういう丁寧に作られた開発の愛が伝わるゲームこそ沢山売れて欲しいね。

クリア後に追加される要素、マジで多いのでボリュームも心配不要。

今回の記事は以上です。

P.S.オプションで自動ダッシュはオンにしておくことを勧めておきます。視点速度はお好みで。

クリア後に追加される要素は↓の記事をご覧ください。ネタバレ注意でお願いします。

関連記事

-RPG, グラブルリリンク

執筆者:


  1. 匿名 より:

    多くの人にグラブルという作品を知ってもらいたい
    そのレベルの名作

  2. 匿名 より:

    どうも見た感じコンテンツ次第とも言えますね。
    別に攻撃力の数字が伸びたからってヨダルラーハのモーションであったりとかは変わりませんよね。こういう道具を渡されて何か面白い事が出来そうって言う感じにはなりませんでした。
    原作の様な耐久型だったり、技巧型であったりするような構成を作って攻略するというよりも
    育成は新規ユーザーの為の事もあってか難しくないようにした程々の作りで、クエストなどのコンテンツ量で体験を増やすのかなという印象でした。
    ソロでじっくりやる方ならば寝かせてもいいと思います。
    逆にマルチで乗り込む方は勢いに任せて遊びきった方が面白いでしょう。

    • 匿名 より:

      プレイしてもないくせにめちゃくちゃ偉そうで草
      管理人さんみたいにちゃんと自分でプレイしてからあーだこーだ言いなよ

  3. しろいとり より:

    記事お疲れ様です。
    とりあえず金ドブでないことに安心しました。
    鉄拳の練習もやりたいですが私もストーリー駆け抜けたいと思います。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【龍如7】『龍が如く7 光と闇の行方』評価・レビュー。42歳の無職おじがハロワに行って成り上がりを目指すRPG!ジャンル変更で手を出さないのは勿体無いほど高水準のゲーム。

みなさんこんにちは。 今回は先日発売された『龍が如く7 光と闇の行方』のレビューをおこなっていきます。 自分は本作のシリーズは『龍が如0』しかクリアしたことがありません。そんな自分が何故本作に手を出し …

『魔界戦記ディスガイア7』評価・レビュー。キャラとストーリー良し育成も面白い、やり込みの底が見えない神ゲー!“6”の悪評なんのその、シリーズファンはマストバイでOK。Lv9999到達まではチュートリアルです。

みなさんこんにちは。 今回は、先日発売された『魔界戦記ディスガイア7』の評価・レビューをおこなっていきます。 99%毎日更新の当ブログが先日のブログ更新を怠ったのは、このゲームのせいです。 ハマリ過ぎ …

DQMJ3P

DQMJ3P 面白い、だが不満点も相当多い。ドラゴンクエストモンスターズジョーカー3プロフェッショナル レビュー

※3/8に配信された更新データ1.1により、AIが攻撃呪文を使わないバグは修正されました。 だいぶプレイしたしそろそろレビューでもするわ。俺自身結構楽しんでいるんだが、悪い部分もかなり散見されるのでそ …

【PSV】ロマサガ2 ほぼトロコン完了!トロフィーレビュー!

こんばんは ロマサガ2のトロフィーコンプがほぼ完了しました! サガスカ発売までに終わって良かった~! 「ほぼ」っていうのはですね。敢えてプラチナトロフィーが取得出来る手前で止めてあるからです。その理由 …

『FF14 ドマ式麻雀』評価・レビュー。別のマージャンゲーに比べると粗が目立つが、FF14内で遊べるというのが魅力か。東風戦は早急に用意すべき。

今回はMMORPG『ファイナルファンタジー14』のメインコンテンツである、「ドマ式麻雀」の評価・レビューをおこなっていきます。 管理人はドマ式麻雀を遊ぶためだけに4年ぶりに復帰しました。普段はニートの …

当ブログ「まじっく ざ げーまー」のテキスト、画像などの内容をまとめサイトやキュレーションメディアへ無断で転載することを固く禁止します。

FF14権利表記:(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.