ドラクエウォーク

『ドラクエウォーク』スペシャルメガモン、コロナ禍での外出強要イベントか。“昨今の状況に鑑み”とは何なのか。ツイッターでも批判が続出。

投稿日:

『ドラゴンクエストウォーク』スペシャルメガモンの竜王が本日解禁されました。

今回はお知らせに「昨今の状況に鑑み、通常のスペシャルメガモンスターより遠方から参加が可能になっております」という文面が掲げられており、大いに期待したのですが……

大いに期待したのですが、家から挑めませんでした。

多分バリゲーンのときとポップ場所は同じように感じます。フィールドからは出現も確認できず、マップ画面を開かないとスペシャルメガモンを確認できません。

この時勢でスペシャルメガモン倒したければ外に出ろというのは凄いですね。遠方から参加が可能って書いてあったので、コロナ禍のことも考えると家から参加出来るくらいの距離に調整していると思ったのですが、そんなことはありませんでした。

自分の場合、バス代考えると完全に赤字だから、それならバス代分の討伐手形買ったほうがいいんですよね……。バリゲーンのときは挑めなかったから今回はいけると思ったんだけどな~。

今回のスペモンの仕様に関してはツイッターからも不満や批判が続出しております。

公式ツイッターにあるリプライは以下のようなものでした。

・はっきり言ってズレてる
・どこでも参加型にしてよ
・入れる範囲バリゲーンの時となんも変わってないぞ
・完全に不要不急の外出
・なぜどこでもスペシャルメガモンにしなったんだ
・まんぼう出たので竜王倒しに行けない

他、大型ショッピングセンターにスペシャルメガモンが配置され、感染拡大をスクエニが助力していると行った意見も出ている。

これはもう仰るとおりですね。

まあ自分自身は元々が引き篭もりなので、コロナ云々はぶっちゃけ文句言うための大義名分なところもあるのですけど、普通に考えたら“どこでも”仕様にするのがベストだと思うんです。

バリゲーンのときとは比較にならないくらいコロナの状況は悪化していますし、こんな状態で外出を強要させるようなイベントはどうなんだと思ってしまいますね。

まさか、なんら改善が見られないとは予想だにしなかった。

結局田舎不遇は変わらないし、都会は都会で不要不急の外出を推奨させるようなものだし、酷いと言わざるを得ない。

以上。

-ドラクエウォーク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『ドラクエウォーク』プレイ日記第60話。2ヶ月ぶりのレベル成長報告、所持装備紹介。竜王Sはまだ入手出来ていません……ピンチ!

『ドラゴンクエストウォーク』最近、レベル上げの進捗報告をしていなかったので、2ヶ月ぶりに報告します。パーティ編成などは紹介していたけど、細かいレベルは記載していませんでしたから。 前回の報告がプレイ日 …

『ドラクエウォーク』ドラクエ7イベント称号「移民たちの指導者」、激レアな称号になるのでは?達成条件がキツい。

『ドラゴンクエストウォーク』ドラクエ7イベントで入手できる限定称号「移民たちの指導者」が相当レアになるのでは?と感じた次第です。 条件をマジマジと見たんですけど、これはかなりエグいですよ。 武器屋、酒 …

『ドラクエウォーク』新武器はマホトーン効果付きのメラ爪!新強敵はアンクルホーン。ストーリー9章も来るぞ!新職業はやはり海賊。2月中旬に実装。

『ドラゴンクエストウォーク』本日スマートウォークが投稿され、最新情報が公開されました。 まずはイベントクエストの3章が明日より登場します。 新たな装備品として「炎獅子の爪」が登場。 炎獅子の爪が使用出 …

『ドラクエウォーク』プレイ日記15話。プレイ開始から僅か19日で1周年クエストコンプ!これがハードコアゲーマーのやり込みだ。

『ドラゴンクエストウォーク』プレイ日記15話です。 先日、1周年イベントクエストのミッションを完遂しました。 メガモンスターが鬼門と思われましたが、全て寄生で消化出来ました。田舎故に昼と夕方のどこでも …

『ドラクエウォーク』いよいよ明日はメガモンのオルゴ・デミーラが登場!赤こころは超期待。新装備は全体ドルマ杖「天魔王のつえ」カッコよすぎる。

『ドラゴンクエストウォーク』本日スマートウォークが公開され、明日のイベント情報が紹介されました。 まずいちばんの目玉は新装備紹介ですよね。 明日登場する新武器は「天魔王のつえ」で、オルゴ・デミーラを模 …

文章
漢検合格
サイバーパンクのレビュー
ゼノリボーンレビー
龍如7
pokemon300
rmag3rebyu
Apexのレビュー
モンハンレビュー
EDFIRのレビュー

当ブログ「まじっく ざ げーまー」のテキスト、画像などの内容をまとめサイトやキュレーションメディアへ無断で転載することを固く禁止します。