Apex Legends

【APEX】『がんばれモザンビークくん』第1話 いじめからの卒業。

投稿日:

この物語はとあるモザンビーク(モザンビーくん)の生き様を記した冒険譚である……。

モザンビーくん「ヘイヨッ、マイチェクワンツーワンツー。俺はキンキャニ生まれ、スカルタウン育ち、悪そうなショットガンは大体友達ヘイヨッ」

EVA8「は?」
マスティフ「はぁ?」

ビクッ

学校の屋上でラップの練習をしていたモザンビークくん。クラスメイトのいじめっ子EVA8マスティフに見つかってしまう。

モザンビーくん「アッ、EVA8くん、マスティフくん、やぁ……。」

EVA8「お前いま何つった?ショットガンは大体友達だって?」
マスティフ「お前なんかと友達なわけねーだろ!しかも下手くそなラップで歌いやがってからに」

ボコッ

イライラを抑えきれない顔つきを浮かべ、銃床部分で小突くEVA8。

モザンビーくん「い、痛いよ……」
EVA8「お前運が良かったな。今日は俺、“ダブルタップ”家に忘れてきたんだよ。手加減してやるから、ちょっと大人しく撃たれろや」

バンバンバン

EVA8の容赦ない射撃がモザンビーくんの胴体にヒットする

モザンビーくん「ぬ、ぬわーーーー!!」

バンバンバンバンバン

モザンビーくん「きてはぁーーーーーっ!!」

もう止めてくれ。そんな気持ちを込めた叫び声を上げてもEVA8の射撃は無慈悲にも続く。

EVA8「ヒャハハ、雑魚武器の鳴き声は心地イイなあ」
マスティフ「顔はやめろよ。“センコー”に見つかるとウルセーからな」
EVA8「わーってるよ。だいたい胴打ちがショットガンの基本だろが」

バンバンバン

モザンビーク「ぐわーーーーーーーーーー!!!」

バンバン……

EVA8「チッ、弾切れか」
マスティフ「今日はこのくらいでいいだろ。やり過ぎると死んじまうぞ」
EVA8「ちげえねえや」

モザンビーくん「はぁ、はぁ……」

マスティフ「お前よぉ、次くだらねーラップ歌ったら、本当に“挽き肉”にしてやるからな?」

!?

モザンビーくん「……」

EVA8とマスティフが去ったあと、モザンビーくんはそのまま座り込んでいた。

屋上から夕陽を眺める。

モザンビーくん「ははっ、綺麗な夕陽だ……。……僕、なんでこんな弱いんだろ。なんで生きてるんだろ……」

不意に涙が零れ落ちる。

モザンビーくん「こんな自分の弱さ、努力でどうにか出来るのかな。お母さんはなんで僕を産んだんだろう。死んじゃう前に、聞きたかったな」

翌日

キーンコーンカーンコーン。

憂鬱だ。昨日の今日だし、EVA8くんとマスティフくんとは極力目を合わせないように行動しよう。

ガッ

教室に向かう途中、突然肩を掴まれる。それが誰かは容易に想像がついてしまう。

EVA8「よぉ、未来のラッパーくん」
モザンビーくん「や、やぁ……」
EVA8「放課後になったら屋上で昨日の続きな。今日は“ダブルタップ”持ってきたから楽しみにしとけよ」
マスティフ「今日は俺も参加するぜ。昨日ちょっとババアに怒られてストレス溜まってんだ」

死刑宣告。最早逃げ場はない。死刑執行の時が来るのを待つだけだ。授業が永遠に続いて、放課後が来なければいいのに。

ロングボウ先生「……で、あるからして、ダウン時のピン連打は味方に迷惑なので絶対にしないように。……おい」

モザンビーくん「……」

ロングボウ先生「おい!」

ズドンッ!!

モザンビーくん「痛っ!」

ロングボウ先生「お前話聞いてるのか!前回のテストも赤点だったし、しっかり授業に取り組みなさい」

モザンビーくん「す、すみません……」

クスクス。モザンビーくんを嘲ける笑い声が教室に響く。

運動も出来ない、勉強も出来ない、僕には何があるんだろう。EVA8くんもマスティフくんも、勉強は出来ないけど体育は出来る。僕以外のみんなは、何かしらの長所がある。でも僕には何もないんだ。

キーンコーン

ロングボウ先生「今日はここまで。家に帰ったら復習忘れるなよー」

さて、現実は非情。放課後が来てしまった。EVA8くんとマスティフくんがニヤニヤしながら近寄ってくる。

EVA8「んじゃ、屋上いこっか」

EVA8くんとマスティフくんに連れられて屋上へ向かう。

階段を一歩一歩上がる。せめて、少しでもゆっくりに。せめて、少しでも長生きできるようにゆっくりと歩を進める。この先に待ち受ける結果は変わりないのだが、生に執着するのは生き物の性だろう。

EVA8「トロトロ歩いてんじゃねえ!」

ガチャ

屋上へ来てしまった。死刑執行の始まりだ。

EVA8「じゃあ、始めるか。朝にも言ったけど、今日は“ダブルタップ”装備してるから昨日とは威力が違うぜ?」
マスティフ「今日は俺からやらせろよ。お前は昨日沢山楽しんだだろうが」
EVA8「チッ、わかったよ。俺が楽しむぶんの体力は残しておけよ」
マスティフ「へいへい」

モザンビーくん「……」

マスティフ「分かっているとは思うが。俺の一撃はEVA8の比じゃねえからな。しっかり耐えてくれよ」

EVA8くんが連射の効くフルオートショットガンに対してマスティフくんは連射が効かないセミオートだ。だが、一発の威力はマスティフ君のほうが上だ。僕の身体、耐えられるだろうか。

バンッ

モザンビーくん「ぐわーーーーーーー!!!!」

痛い。猛烈に痛い。僕は長男(一人っ子)だけど、この痛みに耐えられる気がしない。マスティフくん、なんでこんな強い一撃があるのに、その力を人を虐めることに使うんだ……。何故その力を正義の為に使わないんだ……。

マスティフ「はーっはは、一発でこの鳴き声よ。どうよEVA8。お前より俺のほうがつえーぞ」
EVA「あ?こっちだってダブルタップ使えばお前に負けねえよ」
マスティフ「はいはい、そういうことにしておくか」

バンッ

モザンビーくん「ぬわーーーーーーーーーっっ!!」

バンッバンッ

マスティフくんの執拗な射撃で意識が薄れかかったそのとき、誰かがやって来た。

???「お前ら、何やってんの?」

EVA8「あ?見りゃ分かんだろ!雑魚武器を虐めて……」

振り返りざま、言葉を吐き終わる前にEVA8くんが硬直した。

EVA8「ピ、ピピピ……」

ピースキーパー「お前ら、何やってんの?」

EVA8「ピースキーパーさんっ!おいマスティフ、撃つのやめろ!!」
マスティフ「ピースキーパーさん!?」

ピースキーパー……名前だけは聞いたことがある。APEX高校の番長だ。まさか、僕たちと同じショットガンだったなんて……。

ピースキーパー「……いいから続けろよ」

EVA8「い、いえ……ハハ」

ピースキーパー「ッハァ……、おい、そこの虐められてるモザンビーク」
モザンビーくん「……ッ、は、はい」
ピースキーパー「お前、ひょっとして自分が弱いと思っていないか?」
モザンビーくん「えっ?」

唐突に番長から告げられた言葉。えーと、つまり、その言い方だと、僕が強いみたいな言い方なんだけど……。

モザンビーくん「そ、それはどういうこと」
ピースキーパー「これ、着けてみろ」

言うが早いか、ピースキーパーがモザンビークの足元に“ナニカ”を落とす。

モザンビーくん「これは……?」
ピースキーパー「通称ハンマーポイント。お前の秘められた力を開放するアイテムみたいなもんだ。これ知らずに生きてきたってことは、今まで散々辛い思いしてきたんだろうな。察するぜ」
モザンビーくん「ハンマーポイント……?」
ピースキーパー「いいから黙って着けろ!!」
モザンビーくん「は、はひぃっ!!」

ピースキーパー番長の怒声にビビり、そそくさと装着した。

ガチャン

ゾクッ

鳥肌が立つほどの電流が身体中を駆け巡った。そして、身体の中から力が溢れるのを感じた。

ドクン、ドクン

モザンビーくん「なんだこれは……この気力の充溢は……」
ピースキーパー「それが、お前の本当の姿だ」

EVA8「あれがモザンビーク?別人だぞ……」
マスティフ「番長がハンマーポイントだとか本当の姿とか言ってたが、どうなってやがる……」

ピースキーパー「ちょっと撃ってみろ」
モザンビーくん「は、はい」

ズドンッ

!?

モザンビーくん「ア、アワワ」

遠くの家屋が一瞬にして廃屋になってしまった。これが僕の力……?

EVA8「な……」
マスティフ「今の、モザンビークが撃ったんだよな……?」

ピースキーパー「自分で撃っておいて何ビビってやがる。それがお前の本来の力だよ」
モザンビーくん「これが僕の、本来の力……?」
ピースキーパー「ああ、つまりだな。お前は虐められる側の人間なんかじゃないってことだ。そこにいるEVA8やマスティフなんて、お前が本気出したら“死ぬ”ぞ?」

EVA8「ビクゥッッ!!」

モザンビーくん「僕は……」

マスティフ「や、やめ……やめてくれ!お前に撃たれたら本当に死んじまう!」
EVA8「今までやったことは謝る!許してくれ!!」

モザンビーくん「僕は…………」

ザッ

振り返り、ピースキーパー番長に向かって言う。

モザンビーくん「僕は、この力を正義の為に使いたい。平和を守るために」
ピースキーパー「フッ。どうやら、お前に救いの手を差し伸べた俺の目に間違いは無かったようだな」
モザンビーくん「それはどういう……?」
ピースキーパー「お前みたいな正義感溢れる男を探してたのさ。これから俺たちは激動の時代を迎える。詳しくは言えないが、近いうちに戦争が起こる。そのためにお前が必要だ。来てくれるか?」
モザンビーくん「わ、わかりました!僕の力が平和に繋がるなら!!」

EVA8「俺たち……」
マスティフ「助かったみたいだな……逃げよう」

-これは、一介のモザンビークが“ピースキーパー”に成長するまでの冒険譚である。

第2話「転校生美少女、30-30リピーターに恋をする」に続く。

-Apex Legends

執筆者:

関連記事

『APEX LEGENDS』をプレイして彼女を作ろう!Switch版新規も必見。モテるためのキャラ選び、モテない立ち回り等を徹底解説。

突然ですが、『APEX LEGENDS』みなさんプレイされていますか? 巷で人気のバトルロイヤルFPSです。 プレイしていない方は勿体ないとしか言えないですね。人生の半分を損していると思います。割合で …

【狂ってる】バトロワゲー『Apex Legends』Twitchの視聴者数が66万人を超える。管理人が見た中で最大の数字です。

管理人も大ハマリしているバトロワゲー『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』ですが、Twitchの視聴者数がおかしなことになっています。 なんと、66万人超え。 ググったところ、2018 …

『APEX LEGENDS』サブ垢による初心者狩り、スマーフ行為が通報対象に。格ゲーの先を行く対応に驚きました。

『APEX LEGENDS』にて、スマーフ行為が通報対象になったそうです。 『Apex Legends』において、「スマーフィング」などが明確に通報対象行為として明示されたようだ。 5月5日に配信され …

『APEX LEGENDS』ヒューズが強キャラとか吹聴したサイトの運営者出てこい!これのどこが強キャラだよ。鉄壁ないデブってどういうことだ。

『APEX LEGENDS』久々に怒ってます。 クリリンがフリーザによって殺されたときにしか切れたことのない温厚な管理人が、キレました。 ヒューズ全然強くねえじゃん!! あのさ~、流石にキレますよ。ヒ …

『APEX LEGENDS』ハロウィンイベント「ファイト・オア・フライト」のトレーラーが公開。海外時間10月22日より開催。去年の限定スキンの色違いバージョンも登場か。

『APEX LEGENDS(エーペックスレジェンズ)』YouTubeにて「ファイト・オア・フライト」のイベントトレーラーが公開されました。 本イベントは去年開催されたものと同名のハロウィンイベントとな …

文章
漢検合格
サイバーパンクのレビュー
ゼノリボーンレビー
龍如7
pokemon300
rmag3rebyu
Apexのレビュー
モンハンレビュー
EDFIRのレビュー

当ブログ「まじっく ざ げーまー」のテキスト、画像などの内容をまとめサイトやキュレーションメディアへ無断で転載することを固く禁止します。