RPG ゼノブレイド2

『ゼノブレイド2』評価・感想。イベントシーンの魅せ方が上手く、フィールドも冒険している感はある。硬すぎる雑魚、戦闘の単調さ、ソシャゲのような要素が残念。

投稿日:2017年12月2日

今回はニンテンドースイッチ専用ソフト『ゼノブレイド2』序盤の感想を綴っていきます。

プレイ時間は10時間。

管理人は3DSのゼノブレイドを数時間かじった程度なので、シリーズはほぼ未経験に等しい。

サラッと魅力的な点と不満に思えた点を書きます。

※追記:プレイを重ねて戦闘も面白くなってきました。詳細は下記の記事をお読みください。

関連記事:『ゼノブレイド2』戦闘がつまらないと思っていた人は必見!「ドライバーコンボ」と「キャンセル攻撃」で一気に面白くなってきたぞ!!

スポンサーリンク

ゼノブレイド2のここがGOOD

イベントシーンの魅せ方のが上手い


ストーリーの随所で見られるイベントシーンの魅せ方が上手いです。

アクションシーンではキャラクターが細かく動いていて見応えがありました。
さながら映画を見ているような感じ。

序盤で挿入されたアクションシーンはとても良かった。
(序盤とは言えネタバレになるので伏せます)

フィールドを探索する楽しさ

広大なフィールドは歩いていて楽しい。

色々な種類のモンスターが闊歩していて、中には高レベルのユニークモンスターもいたり。


サルベージしてたらクソ強いモンスターも一緒に釣り上げて全滅なんてこともありました。

キャラクターのカスタマイズ

カスタマイズ次第でシナジー(相乗効果)を狙えるものもあったりして面白い。

例えば、スキル「速攻Ⅰ(Xボタンに設定したアーツが戦闘開始時に即発動可能)」を習得し、ブレイドにアシストコア「開幕アーツⅠ(戦闘開始後1発目のアーツの威力が100%上昇)」を装備させる。


この組み合わせによって、戦闘開始時に強力な一撃を食らわせることが出来る。

アクセサリー、アシストコアの種類も沢山ありそうなので、深く楽しめるかな?

快適なファストトラベル

細かくファストトラベルポイントが設置されているので、広いフィールドや街中での移動も快適。

ロードが非常に短い(数秒)のも高ポイントです。

ゼノブレイド2のここがBAD

戦闘が単調

とりあえず10時間遊んで感じたのが、戦闘が単調。

上の画像だけ見ると派手で楽しそうに見えますが、実際はそこまででもない。

オートアタックによって”ドライバーアーツ”と呼ばれる技を使うためのゲージが溜まっていき、ゲージが満タンになると技が使えるようになる。

▲ オートアタックを当てていくと画面右下の技ゲージが溜まっていく。

基本的にオートアタックをしつつ、ゲージが溜まったら技を撃つだけの戦闘。

で、ドライバーアーツを当てていくと、必殺技のゲージが溜まっていきます。

なんか必殺技撃つと外人の声でマーヴェラスゥ!みたいな盛り上げる音声が出てくるけど、ファンタジーのRPGでその演出いらなくね?

味方との連携要素もあったりはするんですけど、それが楽しいかというと今のところは「別に」だ。

自分が戦闘を楽しめていない原因としては、オートアタックのモッサリ感とアーツからアーツに繋げられないことによるストレスが大きい。

アーツをキャンセルして別のアーツに繋げられるスキル「アーツチェイン」があるんですけど、それを取得するには3000という膨大なSPが必要。

10時間プレイして現時点のSPは649。

アーツチェインを習得するにはあと10~20時間のプレイが必要だということは容易に想像出来る。

なんでこう、「爽快感を封じる縛り」をしてしまうのか。

こんなのスキルで制限掛けずに最初からやらしてください。

たぶんアーツチェインを習得したら戦闘の楽しさは大幅に上がるでしょう。
そう思うだけに、残念過ぎる。

ザコ敵、硬くね?

あと、店売り最先端の装備を付けても雑魚敵が硬く感じます。

しっかりとドライバーアーツ→必殺技と連携しても同レベルの雑魚相手でもHPを対して減らせません。

戦闘が単純+雑魚がタフなので、フィールドで雑魚的に挑むということはあまりしなくなりました。

更に付け加えると、戦闘の概念(ライジング、ダウン、属性)が分かりづらい割に説明がほとんど無いというのもどうかと思う。

ソシャゲのガチャのように生まれてくるブレイド

ドライバーのパートナーである「ブレイド」

この「ブレイド」は”コアクリスタル”と呼ばれるアイテムを使うことで生成出来る。

頼もしいブレイドを呼び出すぞ!!と思ってコアクリスタルを使うと、いかにもソシャゲに出てきそうな使い捨てMOBキャラっぽいのがバンバン出てくる。

▲ 似たようなデザインの雑魚ブレイドで埋まるリスト。

ご丁寧に「レア度」っぽい王冠マークの記載もある。

レア度1~2の烙印を押された雑魚ブレイドが可哀相。
こんな似たようなのが量産されたら率先して使う気も起きない。

ちなみにレアなコアクリスタルからはレアなやつが生まれました。

ザ・レアって感じでデザインも凝っててレア度も5です。ソシャゲっす。

ホムラのデザインもちょっと……

なんでこんな胸デカいんだろ。

あと、太ももとかそこ露出する必要あるの?的なデザインが気になる。

こういう媚び媚びのデザイン苦手です。

キャラクター自体は悪くないのに服装と露骨なオッパイで損してる。

まとめ

ゲームの作りは丁寧で全体的には魅力的な作品だと思いますが、戦闘が思ったよりも単調なのが残念。

アーツからアーツのキャンセルなんてデフォルトでやらせるべきですよ、本当に。

”アーツチェイン”で戦闘が面白くなったとしても、それが出来ない序盤の戦闘が比較的単調なのは変わりませんからね。
この戦闘でAmazonにある大量の★5評価はちょっと違和感がある。

それでも他の部分が非常に良く出来てるので全体的には楽しめてます。

自分は序盤のイベントシーンを見て、あっ買ってよかったって思いましたもん。

秘密結社イーラの「メツ」が格好いいんですよ。

しかも公式サイト行って気づいたけど声が中村悠一さん(自分の知ってる数少ない声優。ワールドトリガーのキャラを演じていたので好きになった)じゃん!

-RPG, ゼノブレイド2

執筆者:


  1. 匿名 より:

    オートアタックは3段階あるので1段階を放ったらスティックを少し動かすことで攻撃がキャンセルされ1段階目をまた放つことが出来ます
    それを繰り返すことでアーツのリキャストが早くなるのでおすすめですよ

    ゼノブレイドの敵は2,3レベル差があるとかなり固くなるので同レベルの敵と戦い
    宿屋でボーナス経験値を消費しレベルをあげるたりしたほうが良いかもしれません

    初見プレイの人だと説明が入らない部分だったりするので頑張ってくださいー

    • 匿名 より:

      ちょっと誤字が多くてすみません。

      オートアタックを1段階当て→2段階目を攻撃せずスティックを動かしてキャンセルを繰り返すことを『キャンセル攻撃』といいます。
      バグ技でなく一度説明されてはいたんですが自分もあとから知った身なのでチュートリアルを読み返すアプデ期待したいですね。

      • 管理人mtg より:

        ありがとうございます、理解出来ました!
        最初にゲージ貯め狙いでキャンセル攻撃してある程度溜まったら3段まで撃ってアーツ→必殺の流れでいくと良い感じですね。
        だいぶ立ち回りが変わって面白くなりました!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

『ゼノブレイド2』攻略。廃棄された工場への行き方解説。「アナンヤムゲート」は全く関係無いので注意!

『ゼノブレイド2』今回は廃工場への行き方を解説します。 マーカーだけ見て廃工場へ行こうとすると、アナンヤムゲートが開けられなくて躓くかと思います。 このアナンヤムゲート、全く関係ありません。 スポンサ …

【PS4】お粗末な出来。蒼き革命のヴァルキュリア 体験版 インプレッション

※前回の記事「【PS4】良質な戦略RPG。蒼き革命のヴァルキュリア 体験版 インプレッション」については全くの嘘記事です。  今回のレビュー記事を書き終わった後に、最近発覚した「はちま起稿」を「DMM …

悪魔

【再録】魔界戦記ディスガイア5 トロフィーコンプ&レビュー

※この記事は2015年4月5日に掲載しています。ニンテンドースイッチ版ディスガイア5が発売されるということで、改めてこのソフトをオススメしたいと思い加筆修正を行いました。 記事に貼っていた画像について …

『GOD WARS(ゴッドウォーズ)~時をこえて~』評価・レビュー。育成面はFFTを彷彿とさせ、SRPG好きには有りな1本。

今回は6月22日(木)に発売された『GOD WARS(ゴッドウォーズ)時をこえて』のレビューをしていきます。 『ゴッドウォーズ』は当初4月13日に発売を予定していた作品ですが、体験版で貰った意見をフィ …

『アライアンス・アライブ』評価・レビュー。「自分、神ゲー認定していいすか?」非の打ち所無し、RPGの面白さが詰まった近年稀に見る良作。【アラアラ】

……我慢ならん! 面白すぎて我慢ならん! もっとプレイしてからレビューするつもりだったけど、この面白さは今すぐにでも広めなければならない!! 『レジェンドオブレガシー』で、フリューに対して嫌なイメージ …

当ブログ「まじっく ざ げーまー」のテキスト、画像などの内容をまとめサイトやキュレーションメディアへ無断で転載することを固く禁止します。

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。