ゲーム全般

『ポケマス』配信開始!……これクソゲーっすか?

投稿日:

本日、スマホアプリ『ポケモンマスターズ(ポケマス)』が配信開始されました。

流行に敏感な管理人も早速インストールしてプレイしてみたのですが、早速飽きました。

戦闘システムは弱点突けるポケモン選んでタップするだけ。好きになれない。

超必殺技みたいなのも使えますが、そのネーミングがちょっと寒い。

「つよくてかたいいわなだれ」って……。

そして、ガチャでポケモンを手に入れる。これがムリっすね。


まあスマホゲーだからそうなるんだろうけど、ガチャでポケモン手に入れるって、それもうポケモンじゃねえなって思っちゃいますね……。

ポケモンの皮を被ったただの集金装置に見えます。

タケシ、カスミといった初代のキャラクターが出てくるので、赤緑プレイヤーにとっては懐かしさを感じはしますが、古臭くてつまらないバトルとガチャでポケモンを手に入れるっていうシステムが自分には無理でした。

流石に、これを面白いとは言えない。

子供向けというより、金持ってるオッサンが課金してポチポチ遊ぶためのゲームってイメージですね。

これをポケモンって呼んでいいのかね。ほんとしょーもないバトルで驚きました。ロマサガRSみたいに原作再現してないからショボく見えるんですかね。

ポケモン大好きな人はこの作品をどう思っているのかが気になります。

-ゲーム全般

執筆者:


  1. 匿名 より:

    作るのがモバゲーの時点でお察しだったけど、認めた㈱ポケ側もすごいな。

    企画にどの程度ポケモン側が介入したのか気になる。
    ライセンスすら相手を見極めて品質の維持に努めてるイメージだったが、方針変わったのか?

    もしくはポケモン側にもこれで良しとする人間がいたのか・・・それならポケモンと言うコンテンツの終焉が見えるぞ。

    • 管理人mtg より:

      ポケGOと違って、ポケモンである必要が全くないゲームシステムですからね。
      このバトルでリリースに踏み切ったのは凄い。

  2. 匿名 より:

    ポケモンのスマホゲー出すに当たって上手くいってる他の会社のスマホゲーとかプレイしなかったんですかね。
    今の時代にポケモンの看板を背負ってこんなゲームが出てくるのがすごいな、と思いました。
    日本の老舗メーカーってブランドイメージを軽く見てる感じします。

    • 管理人mtg より:

      任天堂に限らずスマホゲー化して潰れていった有名タイトルは多いですもんね。
      目先の利益のために長く愛されてきたタイトルをこうも陳腐なものにしてしまうのは愚かだと思います。

  3. 匿名 より:

    任天堂もついに・・・って感じなのかなあ こういうしょぼいの下請けとはいえ許しちゃうのは

  4. 匿名 より:

    ポケモンである必要ない内容の上に
    やる事もただのライン工で
    金でキャラ買ってライン工する超糞ゲーだと思いました
    任天堂がこれで許可したのが不思議です

    • 管理人mtg より:

      ですね。ポケモンである意味が全くなくて、そこらの周回ソシャゲとなんらかわらないです。

  5. 匿名 より:

    自分も合いませんでした…
    バトルがとにかくつまらない
    大人しく本家をやります。

    • 管理人mtg より:

      戦闘やばいですよね……。手抜いてポケモン好きから金を回収しようっていう魂胆に見えてしまいます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

『デッド オア アライブ6』体験版の感想。とりあえず購入は回避で……。フリーズの多さも話題に。

本日の0時より開始された『デッド オア アライブ6』のオンラインベータテストを軽く遊んだので感想を語りたいと思います。 まず結論から言うと、購入はスルーですね。 そもそも単純に3D格ゲーが得意ではない …

『ディアブロ4』発表!待望の続編!日本国内の発売も確定。

「BlizzCon 2019 Opening Ceremony」にて、『ディアブロ4』が発表されました!! ディアブロ待望の続編です!! E3でスマホ版のディアブロが発表されたときにはズッコケましたが …

【PS5】『プレイステーション5』Amazonの超転売価格に要注意!キャンセル不可になっています。注文したら終わります。

『プレイステーション5』が現在Amazonで出品されているのですが、これが転売価格になっています。しかもキャンセル不可。 価格はなんと35万円。これをもし3万5000円だと空目して、予約注文してしまう …

【VFes】『バーチャファイター』女性の引退者を出した煽り問題。プロデューサーの青木Pが過去に試合後動けること、死体蹴りについて発言していた。「プレイヤーの自由」「個人的には問題ない」

『バーチャファイターeスポーツ』先日の記事にて、本作の煽り行動がキッカケで女性プレイヤーの斉藤あゆみさんが格闘ゲームを引退されたことを報じました。 その煽り行動は、勝敗が決したあとに操作できる時間でお …

『ボンバーパーティー!トーナメント』感想。ボンバーマンチックなゲームなのだが……。

今回はSteam用のゲーム『ボンバーパーティー!トーナメント(英題はBlast Zone! Tournament)』の感想を軽く語ります。 2019年1月16日まで無料配布がおこなわれている。タダで遊 …

当ブログ「まじっく ざ げーまー」のテキスト、画像などの内容をまとめサイトやキュレーションメディアへ無断で転載することを固く禁止します。

FF14権利表記:(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.