日常

他人の挑戦をわざわざ止めようとする人について。それは本当に心配してのことですか?

投稿日:

えぐい

先日、当ブログにこのようなコメントが届きました。

自分が危険物乙4の試験に挑戦しますって記事についたコメントです。言い争いになってしまうコメントなので、公開はしていません。

ガソリンスタンドっていうと声出したり接客するわけですけど大丈夫ですか?
ちなみに乙4は高校生でも普通に受かる試験です。

このコメントが来たとき、自分は心底ゾッとしましたね。

とてつもない不快感に襲われました。

敬語を使っていて、「大丈夫ですか?」一見すれば自分のことを心配しているように見えていますが、全然そうじゃないですからね。

人が何かに向かって挑戦しようとするとき、こういう心配している体で邪魔しようとする人間のおぞましさを、短い文章から受け取りました。

そして、「ちなみに乙4は高校生でも普通に受かる試験です。」と、サラっとマウントをしっかり取ってきた点についても評価したい。この2行目が無かったら、まだ普通にこちらを心配してのコメントだと受け取れたと思います。

正直、自分はいま乙4の勉強、メッチャ苦戦してます。カタカナも多くて全然頭に入りません。まだ勉強始めて間もないのですが、漢検2級よりもよっぽどキツいんじゃないかと思っている。

だから、高校生でも普通に受かると言われても、こちらとしては、「あっ、そうすか。普通じゃなくてすみません。」ってなるわけですね。5年以上引き籠もっている社会不適合者の自分が、普通だとお思いでしょうか。

これほど余計なお世話ですと言えるコメントは当ブログ始まって以来、初かもしれません。

自分のブログには時々「死ね」等の誹謗中傷コメントも来るわけ(テラスハウスの事件があったせいか、誹謗中傷コメントは最近来ていませんが)ですが、それ以上に今回のコメントは恐ろしかったし、病みましたね。

敬語で丁寧なコメントを装ってはいますが、その中身は自分が挑戦しようとしていることを止めようとする意思である他なりませんから。

こういうコメントする人って、誰にでもそうなのですか?

「キミはそれに挑戦するのかい。それは危ないから止めたほうが良いんじゃないか。」と、見かけた人全てに忠告して回っているのですか?

自分としては、貴方が誰なのかもわかりません。どんな人生を歩んだ上で、大丈夫ですか?と自分の行動を止めようとしているのかが分かりません。実体験に基づいた上(深夜のセルフガソリンスタンド経験があったり、高校時代に危険物乙4を受かった)で言っているとするなら説得力もあるので理解も出来るのですが、この2行のコメントからは背景が何も分かりませんからね。私の、前に向かって歩んでいる足を掴んで転ばせようとする意図しか見えてこないのです。

単純な罵詈雑言誹謗中傷よりも、よっぽど酷いコメントだと自分は感じました。

匿名の人から、こういうマウント取られて、自分がポジティブになって、前に進もうとしているときに、それをわざわざ止めようとする人がいるんだなっていうのが、恐ろしい。

たった2行のコメントですが、物凄い精神的ダメージを受けました。

ただ、もし意図的に傷つけようとするものではなく、本当にこちらを心配してのコメントだったら、『大丈夫です』と言っておきます。

ノースキルノージョブの自分としては、とりあえず挑戦してみないことには何も起こらないですから。

-日常

執筆者:

関連記事

【雑記】地球は俺に恨みでもあるんですか?

今回は本当にものすごくどうでもいい話です。 ――タイミングが悪いんです。 自分が外出する時に限って雨やら嵐やらが襲ってくるんです。 引き篭もりの自分が外出するなんて数週間に一度程度ですよ? そのタイミ …

【本当にあった怖い話】あまり調子に乗らないほうが良い。

みなさんこんにちは。 これは、管理人の身に降り掛かった本当にあった怖い話。 先日(というか本日)、深夜ジョギングをしていたときの話です。 なんか身体がダルくて、5分もしないうちに歩いて、深夜ジョギング …

【緊急宣言】本日よりハイソサエティの貴族向け清楚系ブログとして運営していきます。不倫、不祥事、etc……世の中は醜いニュースがあまりにも多すぎる。

みなさんこんにちは。 突然ですが、私はここで宣言させていただきます。 当ブログ「まじっく ざ げーまー」はハイソサエティな貴族向けの清楚ブログとして生まれ変わることを。 みなさん、最近のニュースを見て …

『星の王子 ニューヨークへ行く2』感想。正直、そこまで面白くはなかったです……。同窓会として見るべきか。

本日アマゾンプライムビデオで独占解禁された『星の王子 ニューヨークへ行く2』を視聴しました。楽しみにしていたので、解禁直後に視聴。 本作は1988年に公開された『星の王子 ニューヨークへ行く』の続編で …

【後篇】パチ屋店員時代の思い出話。最初で最後の自殺未遂、人生を変えたYouTubeの巻。

みなさんこんばんは。 気になっていた方にはお待たせしました。「パチンコ屋店員時代の思い出話 後篇」です。 前回の記事を見ていなかった人は下記の関連記事にアクセスしてください。 関連記事 【前篇】パチ屋 …

文章
漢検合格
サイバーパンクのレビュー
ゼノリボーンレビー
龍如7
pokemon300
rmag3rebyu
Apexのレビュー
モンハンレビュー
EDFIRのレビュー

当ブログ「まじっく ざ げーまー」のテキスト、画像などの内容をまとめサイトやキュレーションメディアへ無断で転載することを固く禁止します。