Huawei P10 Lite

最新SIMフリースマホ『Huawei P10 Lite(ファーウェイ)』を買ったので徹底的にレビュー!ゲームもネットもサクサク動く新世代のスマホに驚きを隠せない。『デレステ』等を遊んでみました!

投稿日:

遂に新しいスマホを買いました!iPhone4S以来の買い替えです!!

近々出るであろう『ファンタジーライフオンライン』をプレイするために購入しました!
こればっかりはソシャゲ嫌いな俺もガッツリ触ってみたいと思っている。

購入に踏み切った理由として、やぎぺー(八木仁平)さんのブログを見て月額料金を1690円で済ませられることが判明したからです。

スマホの月額料金ってクソ高いイメージあったし、実際月額6000円以上払ってたiPhoneは高すぎて解約したからね。
※やぎぺーさんのブログについては記事内で後述

八木仁平さんはブロガーなら知らない人はいないだろう、というくらい有名な方です。

安いと言われている「SIMフリー」も俺にとってはアンダーグラウンドな響きで怪しさ満点だったから、やぎぺーさんのブログを見るまでは、SIMフリースマホというのは闇の商売的な何かだと思ってましたもん。(←何も調べずにビビってた俺が悪いんだけどさ)

闇商売
▲ 俺が勝手に抱いていた「SIMフリー」のイメージ。

あと端末も5万、6万するのが当たり前かなって思ってたんだけど、俺の買った『Huawei P10 Lite』なら3万掛からずに買えるんですよ。
(AmazonでSIMフリースマホでググったらこれがトップに出てきました)

iPhone4S以来のスマホになるのですが、あまりのサクサクっぷりに驚いています。

今回の記事の内容ですが、俺自身がゲーマーなので、ゲーマー目線よりの紹介になります。
最新のスマホゲームを快適に遊べるのかチェックもしたので、興味のある方はご覧ください。

買った後に気づいたんですけど、このHuaweiの「P10シリーズ」は6月9日に発売されたばかりの最新型だったみたいですw

いや~、タイミング良かった!

スポンサーリンク

Huawei P10 Liteを使ってみて分かったPC要らずの快適性

サクサク

正直、スマホでネットとか使いづらくね?って思ってましたが、昨今のスマホがこんな快適なら確かにパソコンは不要かもしれませんね……。

俺のブログの読者層なんですけど、78%がモバイル端末、18%がパソコン、4%がタブレット端末でのアクセスです。
ファーウェイを触るまでは、「約8割がスマホからのアクセスなんだけど、スマホでまともにネット出来るのか?ブログとか見づらくないのかな?」って思ってました……。

なんせ、俺の使っていたiPhone4Sはネット閲覧、動画閲覧は重いからツイッター専用機にしかなっていませんでしたからね。
(iPhone4Sは月額料金が高すぎてだいぶ前に解約はしたのですが、ツイッターを見る用途としてwi-fi通信を使用して自宅で使っていました)

だから、俺の中ではスマホでネット閲覧は有り得ないって思ってたんです。

でも、こうやって最新スマホを触ると「なるほどなるほど、これだけPCと変わらない速度でアクセス出来るならパソコンが無くても現代人は不自由しないな」と感じた。

▲ モンハンダブルクロスのサイトにアクセス。一瞬でページが開いてビビる。

まあ、俺自身はブログも書くからネット閲覧はパソコンのほうが有用ですけど。

Huawei P10 Liteについて

Huawei P10 Liteのスペック

※Amazonの商品説明より

プラットフォーム Android 7.0,EMUI 5.1
プロセッサー Huawei Kirin658 Quad-Core 2.1GHz + Quad-Core 1.7GHZ
ディスプレイ 約 5.2inch FHD( 1920 x 1080ドット)IPS(in-cell)
メインメモリ RAM:3GB
内部ストレージ 32G ROM(最大128G Micro-SDスロット)
SIMタイプ Nano SIM x 2 slots
カメラ メインカメラ:1200万画素(開口部F2.0/AF/BSI)x2
インカメラ:800万画素(開口部 F2.0/FF/BSI)
※大型1.25um ピクセル採用,0.3秒像面位相差AF ※電子手振れ補正
バッテリー 3000mAh
サイズ 高さ 約146.5mm,幅 約72mm,厚さ 約7.2mm
重さ 約146g

※メモリは3GBあれば最新のスマホゲームも不自由なく遊べるそうです
Huawei P10 Liteにはジャイロ機能も搭載されています。
カラーバリエーションはブラック/ホワイト/ブルー/ゴールドの4種類。

iPhone4SとHuawei P10 Liteのサイズ、重さを比べてみた

iPhone4Sよりもかなりデカいです。
両方持ってみましたが重さ自体はほとんど変わらないように感じた。

その後にiPhone4Sの重量を調べたら140gだったので、大きさに違いはあれど、重さは6gしか変わらないことが判明。

起動後にやるべき設定

無操作時の自動ロック時間の設定

最初ちょっといじくってて気づいたのは、無操作時、ロック画面に移行するのが早すぎる、ということ。
これは設定をいじって解決させましょう。

1.設定画面にアクセスしよう
iPhone4Sのときはホーム画面に設定があったのですが、HuaweiP10 Plusの場合は画面上部をタッチして、下に引っ張ることで設定画面に移行することが出来る。

▲ 歯車のマークをタッチしよう。

2.「画面」をタッチ

3.「スリープ」をタッチ

4.お好みの時間にタッチ

俺は5分に設定しました。

画面の明るさ自動調整

自動調整がオンになっていると、意図していないところで急に暗くなったりするので個人的にオフのほうが良いです。

1.設定画面から「画面」をタッチ

2.「画面の明るさ」をタッチ

3.「明るさを自動調整」のマーカーを左に動かしてオフにする

以上で設定完了です。

色々なゲームをインストールして遊んでみた

まずはポケモンGO!

気になっていたポケモンGO!
管理人も遂にポケモントレーナーとしてデビュー!
あの子のスカートの中を探してポケモンゲットするぞ~~~!!

▲ フシギダネ、ゲットだぜ!!

えーと、まだwi-fiでしかネットを繋げられないので今の段階では外で遊べません。
あと、俺は引き篭もりなので基本外に出ません。

なのでレビューは無理!
チュートリアルまでは快適に遊べました、はい。

次、ファイアーエムブレム ヒーローズ!

これはiPhone4Sでプレイしたけど、スペック足らずでプレイ出来なかったのでHuaweiでリベンジ!!

さぁ、快適に遊べるのか!?


快適に遊べたぁ!!

凄い!

iPhone4Sではガチャのところで動作が停止してまともに出撃すら出来なかったけどHuawei P10 Liteなら問題なく遊べる!

流石最新スマホ!

要求スペックが高そうな3Dゲーム「崩壊3rd」にも挑戦してみる

3Dアクションのスマホゲーが快適に遊べるかどうかもチェックしてみます。
スマホゲームでググって出てきたアクションゲーム「崩壊3rd」をプレイ。


問題なく動作しました。
カクつきを感じることもありません。

っていうか最近のスマホゲームは凄いな。
ゲーム性はともかく、こんな綺麗なグラフィックで動くんだな。

音ゲーマーとしてHuawei P10 Liteで「デレステ」も触ってみます

音ゲー「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」にもチャレンジ。
快適に遊べるのかな?


問題なく遊べました。
最高設定の「3D標準」でも処理落ちは無かったです。
難しい難易度でノーツが滝のように降ってくるとカクつく可能性はあるかもしれないです。

グラフィックがジャギジャギしていますが、これは元からなのか、スペックが原因なのかは不明。

初見プレイで中々のスコアが出せたぜ!

スマホゲームまとめ

以上の4作品を快適に遊べるかどうか試した結果……

どれも問題なく、サクサク遊ぶことが出来ました!

Huawei P10 Liteなら、いま出ているゲームでスペックが足りなくて遊べないよぉ……なんてことにはならないでしょう。

『ファイアーエムブレム ヒーローズ』は継続して遊んでみようかな!
みんな遊んでる?

やぎぺーさんのブログをチェックして月額料金を1690円にしよう!

リンク:3大キャリアから、スマホ代月々1690円の格安SIM「LINEモバイル」へ乗り換える最安申込み手順
※やぎぺーさんのブログです

上記リンクをクリックすると、やぎぺーさんのページに移行します。
LINEモバイルでの契約方法、メリットが詳細に書かれています。

改めて言いますが、俺がスマホを買う決意をしたのはこの記事を見たからです。
この記事に10万円以上の価値はあると思いましたよ。

あまり他人の意見を聞かない引き篭もりの俺が動かされたぐらいの、本当に素晴らしいライフハック記事。

月額料金1690円のプランはデータ通信量が3GBと制限はされますが、俺みたいに家に引きこもってwi-fi通信がメインになるなら、この通信容量が少なくても一切問題無いんですよね。

何年間もiPhone4Sに月額6000円とか払ってたのを振り返ると本当にバカらしくなります。

あと、ツイッター、LINEアプリ、インスタグラム、フェイスブックの場合は上記プランのデータ通信容量に含まれません。

屋外でもガンガンソシャゲを遊びたいって人でなければ3GBの1690円プランでも十分ではないでしょうか?

全体のまとめ

俺自身はスマートフォンは「iPhone4S」と「Huawei P10 Lite」しか所持していないので最近のスマホと比べてどうだとか比較できませんが、当時7万近く出して買ったiPhone4Sよりも3万円で買ったHuawei P10 Liteのほうが超圧倒的に使いやすいということは断言出来る。

コストパフォーマンスは物凄く良いと思う。

しかも、LINEモバイルなら月額料金は最低で1690円に抑えられるんですよ!

あと、背面にある指紋認証のシステムが凄いんだけど、これは最近のスマホはどれでも付いてるの?
パスコード入力せずに、人差し指を置くだけで一瞬でロック解除出来るから凄いよこれ!!

2017年6月9日に発売されたばかりの最新型なので、スマホを購入しようか迷っている方にもオススメ出来ます。

上位機種にP10、P10 Plusというのもありますが、P10 Liteでも上記スマホゲームを遊ぶ際、問題やカクつきは全くありませんでした。

なので、未来のゲームを見据えてハイスペックを追わないのであればP10 Liteでも問題ないでしょう。

自分がAmazonで購入したのはHuawei P10 LiteとLineモバイルがセットになっているものです。

LINEモバイルも加入するならばこの同時セットが3,000円お得。

Huawei P10 Liteは価格.comでスマートフォン人気ランキング1位になっているので、確かな評価、性能のある商品です。

「買う前に調べておけよ」と自分に言いたくなりますが、購入後こうやって他人の高評価も見ると、改めて買ってよかったな~と感じている。

これでスマホの「みんゴルフ」もサービスが開始されたら遊べるようになるぜ!

「ファンタジーライフオンライン」が出たら記事も書いていく予定です。

-Huawei P10 Lite

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

月額1690円!LINEモバイル+格安SIMスマホ『Huawei P10 Lite』で楽しむ最強のライフスタイル。スプラトゥーン2の「イカリング2」や「ポケモンGO」も遊べるぜ!

今回は管理人が使用している格安SIM対応スマホ『Huawei P10 Lite』、それを使うことで広がる遊びを紹介していきたいと思います。 Huawei P10 Liteなら『スプラトゥーン2』のイカ …

当ブログ「まじっく ざ げーまー」のテキスト、画像などの内容をまとめサイトやキュレーションメディアへ無断で転載することを固く禁止します。

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。